アウトドア
2020/9/15 10:00

秋雨キャンプでも気分が凹まない、カラフルな「大人用ポンチョ」5選

酷暑の夏が終わり、徐々に過ごしやすくなってきてキャンプにも最適な季節がやってきました。とはいえ、キャンプ場に雨はつきもの。雨に濡れると寒さを感じるシーズンでもあるので、着脱しやすいレインウェアが欲しくなります。その点、ポンチョはバッグにしまっていてもあまり嵩張らず、荷物を背負っていてもその上から着ることができ、着脱もラクラクと、メリットいっぱい! そこで今回は、突然の雨でも憂鬱にならない、カラフルな大人用のポンチョをご紹介します。

 

目次

 


スノーボードウェアメーカーによる完全防水ポンチョ


43DEGREES レインポンチョ

スノーボードウェアメーカー「43DEGREES」の完全防水レインポンチョ。耐水圧1万mm、透湿性が8000g/mと優れた浸透防水素材を使用し、縫目には全て止水テープを施しているので、長時間の使用でも雨の侵入を完全にブロック。蒸れを軽減してくれます。フェス、アウトドア、スポーツ観戦など、長時間の装着シーンに最適です。収納袋はスタッフサック仕様。付属のショルダーベルトを使えば、肩や腰に掛けて携帯でき、とても便利です。

【詳細情報】
サイズ:ユニセックス仕様
重量:約550g(レインポンチョ、収納バッグ含む)

 


バッグを背負ったまま脱ぎ着できるフルジップ式!


KiU レインポンチョ K64

KiUのポンチョの特徴とも言えるフルジップ(全開前開き)はバックパックを背負ったままでも着脱ができてとても便利。生地の表面には撥水加工、裏面にはTPU(熱可塑性ポリウレタン)ラミネート加工をすることで防水効果が向上。袖めくり用ベルトを使えば半袖になり身軽に、寒いときはサッと羽織ることでアウターとしても役に立ちます。小物を入れておけるよう片側にポケットもあります。また、フード部分がツバ付き・ハイネック仕様となり、顔周りの防御性がアップ。後頭部のドローコードを使えばジャストフィットでき、視界を保てます。

【詳細情報】
サイズ:前丈95×着丈105×幅150cm(フリー)
重量:480g

 


レジャーシートとしても使える2WAYレインケープ


Danke レインケープ

キュートなテキスタイルが目を惹く「Danke」のレインケープは、鮮やかで大胆なチェックやボーダー、ちょっとシックなストライプなど、年齢や性別を問わず愛される豊富なパターンデザインが勢ぞろい。頭部分にはフードが、胸元にはボタンとファスナーが付いているので、雨をしっかりとカバーしてくれます。サイドの裾部分にもボタンが付いているので、歩きの時は閉めて、自転車などに乗る時には広げて全体をカバーするなどの使い方もできますよ。さらに、サイドのボタンをはずして広げると、長方形のレジャーシートに早変わり! 雨の日はもちろん、晴れの日にも活躍してくれる便利な2WAYレインケープです。

【詳細情報】
サイズ:高さ89×幅142cm(ユニセックス仕様)

 


袖有りタイプで動きやすい大きめサイズのポンチョ


Sister Amy 軽量レインコート

リュックやショルダーバックを背負ったままでも着られる大きめサイズのポンチョ。耐摩耗性に優れたナイロン素材を使用し、丈夫で強力に雨を防水。袖のあるタイプなので動きやすく、適度な重さを持たせることで暴風時でも捲り上がるのを防ぎます。首元は、簡単に着脱できるようマジックレープとボタンを採用し、紐で簡単に調整可能。レインコートと同色のポーチに収納できるので、濡れたポンチョをカバンの中に入れなくても持ち運べます。

【詳細情報】
サイズ:フリー(前丈95×後ろ丈105×幅150cm)

 


紫外線を96%以上遮蔽! UVカット効果も備えたポンチョ


Lieben 傘屋さんが作ったパイピングレインポンチョ

シンプルな作りで飽きのこない、傘屋さんが作ったレインポンチョ。デュポンテフロンファブリックプロテクター加工が施されており、撥水・撥油・防汚機能に優れています。また生地には紫外線を96%以上遮蔽するUVカット効果も。両袖にはそれぞれ3か所にボタンがあるので、袖口をジャストサイズ~ゆったりめまで好みに合わせて調節できます。

【詳細情報】
サイズ:幅150×着丈100cm(フリーサイズ)

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON