アウトドア
2020/8/15 20:00

ぬるいドリンクを屋外で飲むという地獄を避けたいーー夏のアウトドアで使うべき「保冷」関連商品5選

屋外アクティビティや、BBQやキャンプなど、夏の暑い日に外で飲む「冷たいドリンク」は格別の味わいですが、もしそんなドリンクたちがぬるかったら、テンションダダ下がりですよね……。特にアルコール関連は目も当てられません。というわけで、保冷効果のあるホルダーから、電源につないで冷やせるものまで、幅広くおすすめアイテムを紹介。

 

目次

 


真空断熱構造で飲み頃温度をキープできる缶用ホルダー


サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352

冷えた状態の缶を冷たいままにしてしてくれる350ml缶用のホルダーです。本体の外側に熱を伝えない真空断熱構造のため、屋外でも長時間飲み頃温度をキープ。使い方は、本体に冷えた缶を差し込むだけなので、とても簡単。結露もしないので、手を濡らすことなく冷たいドリンクを味わえるのも嬉しいポイントです。

【詳細情報】
サイズ:W7.5×H11.5×D7.5cm
重量:約100g
カラー:ブラック・シルバー・オレンジ・ライムグリーン
対応:350ml缶

 


タンブラーとしても使える2WAYタイプ


サーモス 保冷缶ホルダー ROD-002

こちらもサーモスの保冷缶ホルダーですが、真空断熱構造による温度キープはそのままに、飲み口を付ければタンブラーとしても使用可能な2WAYタイプであることが特徴です。アウトドアシーンでは缶ビールを飲んで、少し肌寒くなったらお湯割りを飲んで……ということがこれ一つで叶ってしまうアイテムです。350ml缶用。

【詳細情報】
サイズ:W7.5×H13×D7.5cm
重量:約200g
カラー:ミッドナイトブルー・ステンレス
対応:350ml缶

 


ドリンクを持っても手がふさがらない


Objectiboo! 通せるクージー350シリーズ

側面裏側に指を通すスリットが入った保冷・保温ドリンクカバーです。スリットに指を通すことで、BBQで両手がお皿とフォークで塞がってしまっても、一緒に持つことが可能に。また、ベルトやカラビナを通せば、ドリンクを腰からぶら下げることもできます。吸水性のある素材なので、結露でバッグの中が濡れない点も嬉しいですね。

【詳細情報】
カラー:レッド×ホワイト・ターコイズ×ホワイトドット柄・ネイビー×ホワイト・ カーキ×ブラック・ブラック×ブラック・ソーダブルー×ブラウン・リーフ(ブラック)・クリーム×ブルー・ヘザーブラック×ブラック・ウッドランドカモ ブラック・Aged Wood Ver.2・レインドロップカモ ベージュ
対応:350ml缶

 


常温の缶ドリンクを冷やせるドリンククーラー


モビクール ドリンククーラー D03AC/DC

こちらは冷えていない缶を外出先でも冷やせる1缶用のドリンククーラーです。ACコンセントだけでなく、DC電源もついているため、車内でも使用できます。また、切り替えスイッチがついており、コールドだけでなくホットにも対応。ユーザーからは「ペットボトルよりも缶の方が、熱伝導が良いのか、冷えるような気がします」という声も。

【詳細情報】
サイズ:W11×H14.5×D13cm
重量:600g
対応:350m缶l・500ml缶・同等サイズのペットボトル

 


移動中にドリンクを冷やせるコンパクトサイズの冷蔵庫


TWINBIRD 2電源式コンパクト電子保冷保温ボックス D-CUBE S

保冷・保温に対応し通年で使えるコンパクトサイズの冷蔵庫。こちらはDC電源がついているため、車のシガーソケットにつないで使用可能。冷えていない飲み物も、目的地へ向かうまでの間に車内で冷やすことができます。また、車に積んでおけば、旅行先で冷蔵のお土産も買えますよ。

【詳細情報】
サイズ:W23.5×H30×D30.5cm
重量:3.3kg
カラー:グレー・ピンク

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON