アウトドア
2021/8/28 11:30

コンパクトに折りたたみ可能! アウトドア用エアークッション(座布団)4選

キャンプやピクニックなどのアウトドアシーンで、長時間レジャーシートに座っていてお尻が痛くなったり、底冷えを感じたりしたことがあるはず。固くて冷たい地面に直接座り続けるのは、体に負担がかかります。そんなときに便利なのが、持ち運びが便利なエアークッションや座布団。今回は、ひとつ持っておけばアウトドアだけでなく、スポーツ観戦やABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)にも役立つアウトドア用エアークッションをご紹介します。

 

目次

 


シーンに応じて厚みを変えられるクッション


スノーピーク ラウンジクッション

お座敷スタイルを快適に満喫できるスノーピークのクッションです。フラットな円形の状態では家庭の座布団のように使うことが可能。ほどよい固さで快適な座り心地を得ることができます。また、中央で二つ折りにすればクッション2枚分の高さにすることもでき、身体のポジションが高くなるので、食事がしやすくなります。シンプルなデザインで、自然の色によく合うグリーンとオレンジの2カラーを展開。

【詳細情報】
サイズ:φ500×50mm(2つ折り時…500×250×100mm)
重量:650g
カラー:グリーン、オレンジ

 


まくらにもなる2WAYタイプのマルチクッション


ロゴス エアーまくら スカイマルチクッション Type-B

ベルベット仕上げで肌触りが抜群のマルチクッション。広げた状態でクッションとして使えるほか、二つ折りでまくらにもなる2WAYです。収納時はコンパクトな単行本サイズになるので場所も取りません。ユーザーからは「花火大会のときに使用しています。砂浜でもやっぱりクッションがあると全然違いますね」「表面は滑り止め加工されているのでカバーもしないでこのまま使えます」という声も。

【詳細情報】
サイズ:クッション時…36×35×5.5cm、まくら時…36×20×12cm
重量:110g

 


水洗いできて衛生的に使えるクッション


キャプテンスタッグ FDザブトン

ほどよいクッション性でテント内でのお座敷スタイルにも役立つアウトドアシート。汚れたらさっと水洗いして乾かせるのが嬉しいポイントです。軽量なので女性や子どもでも持ち運び楽々。収納時はコンパクトに折りたためるので車載時にもスペースを取ることがありません。レビューでは「アウトドアやスポーツ観戦で席の大きさに合わせて使えるのが便利」と折りたたみ式のデザインを評価する声も。

【詳細情報】
サイズ:34×27.5×1cm(収納時…9×27.5×4cm)
重量:40g
カラー:オレンジ、グリーン、ブラック、マリンブルー、レッド

 


セッティングが簡単なインフレータブル式!


FIELDOOR インフレータブルピロー クッション

バルブを回すだけで自動的に空気が入るインフレータブルエアピロー&クッション。快適な座り心地を実現するために、中材には高密度ウレタンフォームを採用。ピローとして使う際は時はただ二つ折りにするだけではなく、面ファスナーで固定することができます。収納時は空気を抜いてバルブを閉めるだけなので、後かたづけもスピーディーです。

【詳細情報】
サイズ:クッション時…35×35×5cm 、ピロー時…35×17.5×10cm(収納時…Φ12×18cm)
重量:200g
カラー:ブラウン、オレンジ、ブラック

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON