アウトドア
2021/8/15 11:00

秋冬キャンプの必需品! 凍える夜の強い味方「ガスストーブ」3選

夜になると気温がぐっと下がる秋冬のキャンプはアウトドアヒーターが必要不可欠。しかし、アウトドアヒーターはガス缶や灯油を使うもの、薪ストーブなど、様々な種類があり、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、軽量・コンパクトで、ガス缶をセットするだけの簡単なセッティング……といったメリットを持つ「ガスストーブ」のなかから、人気のアイテムを紹介します。キャンプで冬の澄んだ星空を楽しみたい人は、今から準備しておきましょう。

 

目次

 


4つの安全装置を備えた安心設計のポータブルガスストーブ


日本エー・アイ・シー ポータブル ガス ストーブ SAG-BF01

遊び心のあるポップなカラーリングが目を引く、「Sengoku Aladdin(センゴク・アラジン)」のポータブルガスストーブ。燃料にカセットボンベを使用するため扱いやすく、移動も楽々です。すぐ暖まりたい時はハイパワー運転、ゆっくり暖を取りたい時は長時間運転など、シーンに応じて使用できます。「圧力感知」「立消え」「転倒時消火」「不完全燃焼防止」の4つの安全装置付き。連続燃焼時間は約1時間40分~4時間20分。収納袋付きです。

【詳細情報】
サイズ:390×320×335mm
重量:5.7kg
カラー:レッド、イエロー

 


使い方簡単! カセットコンロでおなじみ「イワタニ」のヒーター


岩谷産業 カセットガス アウトドアヒーター

カセットコンロと同じ点火方法で、簡単に扱えるヒーターです。ガス圧の強い球状バーナーを搭載。耐熱性の高い材料で作られた球状発熱体の内部でガスを燃焼させるので、立ち上がりが早く、少ないガス消費量でも効率よく赤熱します。パワフルな発熱体とパラボラ型リフレクターの組み合わせで、正面方向の広い範囲が暖められます。立消え安全装置、転倒時消火装置、圧力感知安全装置を搭載。

【詳細情報】
サイズ:294×272×200mm
重量:約1.5kg(本体のみ)
カラー:グリーン、オレンジ

 


小型でも実力バツグン! コールマンのクイックヒーター


コールマン クイックヒーター

キャンプはもちろんのこと、手元を暖めたい屋外作業時などにも役に立つコールマンの小型ヒーターです。燃焼時間は約8.5時間(レギュラーガス470g缶使用時)。ユーザーからは「コンパクトですが、正面に対して熱いと感じるくらいの熱量を発生することができます」「ソロキャンプに最適。氷点下前後の冬のキャンプにお勧め。焚き火台で暖まらない背後のヒーターに使える」と小型ながら高い実力を評価する声が多数。

【詳細情報】
サイズ:約17.5×直径16cm
重量:約400g

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON