アウトドア
2021/7/7 19:10

アウトドアで手軽に料理できる! おすすめ固形燃料5選

キャンプや登山の楽しみの一つといえば料理。その際、手軽なのが固形燃料です。ストーブや五徳にセットして、ライターなどで火をつけるだけですぐに温かい料理や飲み物を作り始められます。また、固形燃料はカセットボンベや炭などと比べてコンパクトなのもメリット。複数個持っていれば燃料不足も防げます。今回は、そんな固形燃料の中でおすすめの5商品を紹介します。

 

目次

 


国内シェアトップを誇る定番人気の固形燃料


ニイタカ カエンニューエースE

国内シェアNo.1の固形燃料。高品質で安定した火力を保てるのが魅力です。アルミ箔を下にしてそのまま固形燃料用コンロにセットできるので、燃料容器は不要です。燃焼時間目安は18~25分。ユーザーからは「100均の燃料はアルミの底から燃料が漏れてポケットストーブにこびり付きましたが、この商品はアルミから漏れることはありませんでした。さすがです」「家で炊飯器を使わず毎回これで炊いてます。炊飯器より断然おいしくなります」という声も。

【詳細情報】
重量:25g

 


厳しい環境下でも安定した炎で燃える


Esbit ポケットストーブ用固形燃料

エスビットの固形燃料は高山や氷点下でも安定した炎で燃えるうえに、煙が立たず、燃えかすがほとんど残らずに燃焼するのが特徴。燃焼時間は1個あたり約6分で、キャンプファイヤーやバーベキューの炭の火起し、ストーブのプレヒート、調理、湯沸かしなどアウトドアのアクティビティで役立ちます。また、引火点は約400度で自然発火や爆発もしないため、安全に保管ができます。食物の調理のほかにも、飲用に適さない水を沸かしたり、冷凍食品を解凍したり、医療器具を消毒したりするときに使うことも可能です。

【詳細情報】
重量:4g

 


パック入りだから手を汚さずに使える!


パール金属 卓上コンロ用カップ付固形燃料 H-5735

使いたいときにパックのまま即点火できるので、手を汚さずに使うことができる固形燃料です。また、一つずつ個別に密封包装されているので、長期保存にも向いています。さらに、燃焼時間は約25分と長いのもポイントです。レビューでは「釣りに行って湯を沸かす際に使用しています。風除けと五徳があればカップ麺の湯を沸かすには十分な火力です」「メスティンでご飯を炊くために購入しました。お米1合を固形燃料1個で炊いたところ、程よく炊き上がりました。値段も安く買いに行く手間もないので、なくなったらまたリピートします」という声も。

【詳細情報】
重量:30g

 


固形燃料を大量に使用したいときにもうってつけな2kg分!


ニチネン トップボックスA

1984年の創業以来、固形燃料やカセットコンロなどのアウトドア関連用品を販売し続けるニチネンの製品。乾燥を防ぐチャック付きの袋に2kg分も入っているので、固形燃料を大量に使用するシーンにも役立ちます。また、燃料にはアルミ箔付きで燃料容器も不要。このほか、燃焼時間は約20分となっています。ユーザーからは「数量も多く、適正時期まで使用でき、後片付けも楽で飲食が楽しい」「以前は100均の固形燃料を使用していました。ですが、こちらの固形燃料は燃え方が全然違う。火力の安定感抜群だし、変な臭いもしない。オススメです」と好評です。

【詳細情報】
重量:25g

 


600gの大容量だから長く使えて、備蓄にもおすすめ!


ニチネン 屋外用缶入り固形燃料 屋外用トップ丸缶

キャンプはもちろん、登山時の携帯用や災害時などの非常用に役立つ缶入り固形燃料。燃焼時間は約110分と、とても長く使えるのが魅力です。レビューでは「標高の高い山で風も強い中(風速4mでした)、コップ1.5杯分の水をのせて1時間置いたら、沸騰まではいかないが温かいお湯ができてました。悪条件を考えれば納得」「60Lの大なべの具材の保温に助かりました。またなくなり次第購入させていただきます。600gのサイズはあまり見かけないので助かります」という声も。

【詳細情報】
重量:600g

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON