アウトドア
2021/8/17 19:30

ソロキャンプにオススメ! ガス缶一体型シングルバーナー5選

持てる荷物に制限のある登山やキャンプなどでは、なるべくコンパクトに荷物をまとめたいものですよね。そんなときに調理器具の中でオススメなのが、シングルバーナーです。分離型、一体型、どちらもコンパクトですが、中でも一体型のバーナーは分離型と比べると、構造がシンプルで本体は手のひらに収まるほどコンパクト。なるべく荷物を少なく済ませたいソロキャンプにはもってこいです。

 

目次

 


コンパクトなホワイトガソリン専用モデルのバーナー


MSR アウトドア シングルバーナー36406

MSRの定番モデルで、デザイン・機能はウイスパーライトインターナショナルと同一ですが、ホワイトガソリン専用モデルです。高火力でコンパクトなため、過酷な環境に持ち運び食事を作ることが可能。購入者からは「ホワイトガソリン専用ではあるものの、ほとんどメンテナンスフリーで使いやすい!」と声が上がっていました。

【詳細情報】
サイズ:160×90×90mm
重量:446g

 


熱不要でススの発生も抑える「クリーンな」ガソリンストーブ


ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371

 

 

ベテランの方から初めてバーナーを選ぶ方まで、 「これを選んでおけば間違いない」と言うことができます。予熱不要のガソリンストーブでガスストーブの扱いやすさとガソリンストーブの力強さを融合した名機。自動車用ガソリンでもホワイトガソリンでも使え、ガスボンベも使えるので環境に合わせて使い分けられます。

 

【詳細情報】
サイズ:幅13.5×奥行13.5×高さ80cm
重量:160g(本体+ホース)

【訂正とお詫び】 記事初出時、上記製品を誤って「SOTO アミカス コンパクトストーブ SOD-320」として紹介、また一部見出しにて同社別製品の特徴を記した内容を掲載してしまいました。同社複数製品の情報を混濁してしまい、読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑おかけしたこと深くお詫びし、訂正させて頂きます。

 


288個の炎口で安定感のある着火


PRIMUS シングルバーナー AIP-2243PA 2243

20年を超えて活躍するプリムスの伝統モデルです。高出力に加え、安心の安定感があり、現在でも多くの登山家に支持されています。コッヘル(鍋)とX字グリッドによりバーナーヘッドを4つに区切り、1つの区画が風で消えてしまっても他の区画は着火を保つように設計。風の吹き抜けをなくすことで、効率よく調理が行えます。

【詳細情報】
サイズ:収納時/10.7×10.7×5.9cm
重量(梱包):253g

 


耐風性が高くパワフルな火力


Coleman バーナー ファイアーストーム 2000028328

耐風性の高いウインドウシールドが特徴的なファイアーストームは、LPガスを使用します。折り畳み可能でコンパクトになるのに余裕のある大きな五徳のおかげで、鍋を乗せても安定感があります。購入者からは「実際に、登山で使用して600ccの水があっという間に沸騰した!」という声が上がっていました。

【詳細情報】
サイズ:収納時/6×11cm、使用時/12×11cm
重量:150g

 


家でも外でも使えるスノーピークのバーナー


snow peak HOME&CAMPバーナー

 

板材には1.5mm幅のステンレスを採用。脚もステンレスパイプの4本脚で、衝撃や熱をしっかり受け止めます。三角板材とパイプは溶接加工技術によって確実に接合され、強大な熱量にも強い作りに。 本体は脚を含めた4つの支点で支えるので、大きめの鍋を置いてもしっかりと安定。輻射熱を考慮して、必要十分の高さを保っているので、卓上でも安心して使用することができますよ。また、直立するのでキッチンスペースでも収納に場所をとらず、インテリアにも馴染みやすいカラーリングに仕上がっています。

【詳細情報】
サイズ:収納時/9×12×25.5cm
重量:1.4kg

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON