アウトドア
2021/8/22 18:30

炭を安全に消火でき、持ち帰りもラクで再利用にも役立つ! 火消し壺おすすめ5選

アウトドアブームの昨今、キャンプやバーベキューを楽しむ機会も増えていると思いますが、炭の処理をどうするか、悩んでいる人もいるんじゃないでしょうか。そんなときに、あると便利なのが「火消し壺」。火消し壺があれば、水を使わずに消火して、そのまま炭を持ち帰れるので、炭を再利用できます。しかも、再利用する炭は着火しやすくなり、次のキャンプやバーベキューでもラクラク進められます。今回はネット通販で人気の火消し壺をご紹介します。

 

目次

 


火起こしも火消しもこれひとつでOK!


グリーンライフ HOT-150 火おこし兼用火消つぼ

グリーンライフ(GREEN LIFE)「火おこし兼用火消しつぼ HOT-150」は、火起こしと火消し壺の両方を兼ねたもの。バーベキューの準備に、煙突効果で簡単に火起こしができます。使用後の片付けの際には、上下のふたで密閉してしっかり消化。購入者からは「火起こしの上下にふたを付けただけなので、消し壺としての気密性はあるのか…? と心配になりましたが、しっかり火も消え、薄い作りなので冷めるのも早かったと思います」という声も。

【詳細情報】
サイズ:19×15.5×26cm
重量:約1kg

 


重ねてコンパクトに収納できる火起こし器と火消し壺のセット!


キャプテンスタッグ 大型火消しつぼ 火起し器セット

備長炭も着火できる火起こし器と火消し壺、スタンドが付属しているセットです。火消し壺の中に火起こし器が収納できるので、コンパクトに持ち運べます。購入者からは「炭の処理も簡単で、消し炭で次回の火起こしは簡単です」「まだ火起こし器は使っていないのですが、火消しツボとセットで持ち運びができて、かつ火消し壺も脚をつけて地面に置く事ができたりと非常に便利でした」という声も。

【詳細情報】
サイズ:21.5×20×29cm(火消しつぼ)
重量:約1.7kg

 


新工法で美しいシルエット!おしゃれな火消し壺


ロゴス LOGOS ポータブル火消し壷

ロゴス「LOGOS ポータブル火消し壺」は、ファミリーサイズのポータブルタイプの火消し壺です。消火に時間がかかる炭も、ふたを閉めておけば早く消せます。ふたはロック式なので、持ち運びの際に万が一横になっても、中身がこぼれず安心です。新工法で美しいシルエットを実現しています。購入者からは「コンパクトなわりにバーベキュー1回分程度の炭は入るし、見た目もクール」という声も。

【詳細情報】
サイズ:17×21.8cm
重量:1.5kg

 


落ち着きある和テイストの陶器製火消し壷


キャプテンスタッグ 和膳亭 火消しつぼ

こちらもキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)製の火消し壺ですが、純和風の趣ある印象と、シンプルながら斬新なイメージがつくりだすテイストが新鮮です。陶器製なので、おうちキャンプやおうちバーベキューなど、ベランピングにおすすめ。購入者からは「今まで、使用後は放置して燃やし切っていたのですが、備長炭などなかなか燃えきらないのでコストを考えるとお得です」「大きさも手ごろで、中に炭も火鉢2個分は入りました。便利に利用しています」という声も。

【詳細情報】
サイズ:16×13cm
重量:1.0kg

 


「三河土」が熱を伝えにくくし、ひび割れもなし!


KANEYOSHI 炭火消し壺 夏目火消 小 21cm

KANEYOSHI「夏目火消」は、「三河土」で作った夏目型炭火消しです。 壺の中を密閉し、 炭を安全・確実に消火します。「三河土」が熱を伝えにくくします。購入者からは「初め価格が安い物をと考えたのですが、日本製でと判断した結果この火消し壺にしました。消し炭を入れるには十分で、重宝しております。ひび割れとかなく助かっております」「コロンとした形がかわいいです。ふたもキッチリ閉まります」という声も。

【詳細情報】
サイズ:21×17cm(小の場合。他に中、大、大々あり)
重量:3kg

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON