ショッピング
2017/2/27 20:32

“Noノイズ”な通勤通学を! 電車やバスの騒音を打ち消す魔法のようなオーディオ6選

進学や就職などで、この春から新生活を始める人も多いのではないでしょうか。電車やバスでの通勤・通学時間は、忙しい現代人にとっては貴重な時間。スマホでニュースやSNSをチェックするのもいいですが、勉強や仕事前の準備など有意義に過ごせれば、新生活をスタートダッシュで始められます。

 

でも、車内は走行音や他人の会話などの騒音が多く、気が散って集中できないという人もいるでしょう。そんなときに活躍するのが、騒音を打ち消して静かな環境で音楽を聴ける「ノイズキャンセリングオーディオ」です。

 

今回は、本格的なヘッドホンタイプと、手軽に使えるイヤホンタイプのおすすめモデルを各3製品ずつピックアップしてご紹介します。

 

どうやって騒音だけを消すの?

まず初めに、ノイズキャンセリングオーディオがどのようにして騒音を打ち消すのかご説明しましょう。すべての音は、振動が空気や物質など様々なものを伝わって、耳の鼓膜に届くことで音として認知されています。この音の振動は、波のような形の音波として表すことができます。この音波に対して、ちょうど正反対の音波(逆位相)をぶつけると、2つの音波が打ち消しあって消えてしまいます。この原理を利用したのが、ノイズキャンセリングオーディオです。

20170227-i03(15)
↑ソフトバンクセレクション「Smart Quiet WS-7000NC」の製品説明より

 

ノイズキャンセリングオーディオでは、ヘッドホンやイヤホンの外側に内蔵されたマイクが周囲の騒音をキャッチし、その騒音と逆位相の音波を発生させて騒音を消しているのです。

 

ちなみに、このような電気的な処理によって積極的に消音することを“アクティブ・ノイズキャンセル”と呼ぶことがありますが、それに対し、ヘッドホン・イヤホンで耳をふさぎ、音波の伝達を物理的に遮断することを“パッシブ・ノイズキャンセル”と呼びます。耳の穴をふさぐ耳栓などは、パッシブ・ノイズキャンセルの代表的な例ですね。

 

本格的なノイズキャンセリングならヘッドホンタイプ

ヘッドホンタイプは、耳をすっぽり覆うことができ、本格的なノイズキャンセリング効果を実感することができます。一方で、本体が大きく荷物になってしまうことも。折りたためるタイプなら、カバンのなかでも邪魔にならずに収納できます。

 

 

ボーズ
QuietComfort 35 wireless headphones

20170227-i03(1)

実売価格:3万9960円

ヘッドホンのノイキャン技術を開拓してきたボーズによる、同社初となる待望のワイヤレス&ノイキャンモデル。肌に密着する箇所のパーツを改良したほか、アプリ経由でのペアリング機能など、様々な側面から快適性を追求しています。いくつものモデルチェンジを経て磨き抜かれた装着性は、ほかのヘッドホンを大きく引き離す出来栄え。飛行機や新幹線など、長時間ヘッドホンを装着する機会が多い人にオススメです。

連続再生時間:最大20時間

 

ソニー
h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)

20170227-i03(3)

実売価格:4万円前後

上質なハイレゾ再生を楽しめる人気シリーズ「h.ear」のワイヤレスモデル。独自の伝送技術LDACに対応するウォークマンなどを組み合わせれば、ワイヤレスでもハイレゾ相当の音質で再生可能。周囲の騒音環境に合わせてノイキャン効果を自動で最適化する機能も搭載しています。通勤時も高音質で音楽を楽しみたい人にオススメ。

連続再生時間:最大20時間

 

ゼンハイザー
Momentum Wireless

20170227-i03(5)

実売価格:4万5000円前後

同社のプレミアムヘッドホンMOMENTUMの第2世代機をベースとしたワイヤレス&ノイキャンモデル。軽量かつコンパクトに折りたためる設計のため、気軽に屋外へ持ち出せます。レザー風素材をあしらった上品なデザインも人気。ヘッドホンをおしゃれに楽しみたい人にオススメです。

連続再生時間:最大22時間

 

手軽に使えるイヤホンタイプ

イヤホンタイプは、混雑する電車やバスのなかでも手軽に使える軽快さが魅力。アクティブ・ノイズキャンセリングに加え、耳の穴をふさぐことによるパッシブ・ノイズキャンセリングの効果も見逃せません。

 

JBL
EVEREST ELITE 100

20170227-i03(7)

実売価格:2万7000円前後

高精度のキャンセリングが可能な「フィードバック方式」と、音質への影響も少なくコンパクトな設計が可能な「フィードフォワード方式」の両方式を採用した新技術「NXTGen Active Noise Cancelling Technology」を採用。高性能なノイズキャンセリングを実現しています。取り外し可能なスタビライザーを用意し、好きな装着感を選択可能。安定感の高いネックバンドタイプなので、イヤホンのズレが気になる人や、イヤホンが耳から外れやすい人にオススメ。

連続再生時間:最大6時間

 

ソニー
h.ear in NC(MDR-EX750NA)

20170227-i03(9)

実売価格:2万円前後

ヘッドホンの内側と外側の2つのセンサー(マイク)でノイズを集音するデュアルノイズセンサーテクノロジーを採用。周囲の騒音を分析し、3つのノイズキャンセリングモードのなかからその場に適したモードを自動で選択する「フルAIノイズキャンセリング機能」で、高い消音性能を発揮します。ハイレゾ音源に対応した小型高感度の9mm径ドライバーにより、40kHzまでの超高域もしっかり再生。バッテリーボックスを備えた有線接続タイプなので、ワイヤレスタイプに比べて電力の消費量が低く、スマホのバッテリーが気になる人にオススメです。

連続再生時間:最大16時間

 

ソフトバンクセレクション
Smart Quiet WS-7000NC

20170227-i03(11)

実売価格:1万2000円前後

高精度アクティブノイズキャンセリング回路の搭載により、-25dBのノイズキャンセリング量を実現。騒音環境下においても「迫力のある低音域」と「クリアな中高音域」の再生を実現する独自のチューニングにより、高品質なサウンドを楽しめます。物理スイッチにこだわった設計により、電源やノイズキャンセルのオン/オフや再生/一時停止、曲送り/曲戻しなどの操作を、手元を見ずに行うことができます。混雑する車内でも操作しやすいので、満員電車に乗らざるを得ない人にオススメです。

連続再生時間:最大9時間(ANC ON時)

 

【番外編】

キングジム
デジタル耳せん MM1000

20170227-i03(14)

実売価格:4000円前後

音楽を再生せず、ノイズキャンセリング機能だけを利用できるデジタル耳栓。通常の耳栓と違い環境音だけを消音するので、アナウンスや呼びかけなどの人の声、スマホの着信音などは聴き取ることが可能。アナウンスの聞き逃しによる乗り過ごしも防ぎます。音楽を流さずに騒音だけ消したいという人にオススメ。

連続再生時間:単4アルカリ乾電池使用時100時間、単4エネループ(充電池)使用時60時間

 

自分に合ったノイズキャンセリングオーディオを見つけて、騒音のない快適な通勤・通学時間を過ごしましょう!

 

協力:楽天市場