ショッピング
2017/2/28 16:04

【徹底比較】新生活に買うべきU-5万円のノートPC

この春、進学や就職で新生活を始める人の必需品は、なんといっても「パソコン」。レポートや資料を作成するなら、キーボードを備えたノートPCが必要です。今回は、何かと物入りなこの時期にうれしい、5万円以下のモデルに絞っておすすめモデルをピックアップ。処理性能やディスプレイなど、手ごろな価格帯だからこそ本当の実力が気になる5項目をチェックしました。

 

【チェック項目】

1.パフォーマンス/PCの最も重要なポイントはやはり処理性能。CPU性能とグラフィック処理性能を中心に確かめました。

2.ストレージ/ストレージは、種類よってレスポンスの良さが大きく変わります。容量だけでなく、アクセス速度も加味して評価。

3.ディスプレイ/液晶パネルのサイズと解像度は、使いやすさに直結します。2つの要素のバランスを考慮しながら実力を確認。

4.ポータビリティ/家庭内利用でもノートPCは可搬性が重要。サイズ、質量、バッテリー駆動時間の3要素を見極めます。

5.キーボード(ペン)/購入後に気になるのがキータッチやペン入力の精度といった入力の快適さ。入力性能を総合的に判定しました。

 

ブルーライト低減機能で長時間の使用も安心

20170228-i02(1)
SPEC●OS:Windows 10 Home 64bit●CPU:Celeron 2957U●画面:15.6型(1366×768ドット)●質量:約2.4㎏●メモリ:4GB●ストレージ:HDD500GB●接続端子:USB×3、HDMI、SDメモリーカードスロットなど●電池持続時間:約6時間●サイズ:W381.6×H27.2×D258㎜

 

日本エイサー
Aspire
ES1-571-N14D/K

実売価格4万円前後

CPUにコストパフォーマンスに優れたCeleronシリーズを採用した、A4クラスのエントリー機。USB3.0(1基)やHDMI出力、SDメモリーカードスロットといった実用的な仕様をキッチリ用意します。ほかに、DVDスーパーマルチドライブやSDメモリーカードスロットも搭載。ディスプレイにはブルーライト低減機能を備え、4段階で効果を設定できます。

20170228-i02(3)
↑DVDスーパードライブを装備しています

 

【チェック項目】

1.パフォーマンス/モバイル機用のCPUで省電力性に優れるますが、A4クラスの処理性能としては物足りない場面も。

2.ストレージ/500GBのHDDを採用しており、一般的な容量といえます。

3.ディスプレイ/ブルーライト低減機能で負担が少ないのが◎。解像度が1366×768ドットなのは残念。

4.ポータビリティ/4製品中、最もバッテリー駆動時間が短く、デスクトップPCの代替機として使ったほうがよいでしょう。

5.キーボード(ペン)/テンキーを備え、数字の入力は快適。タッチパッドはやや操作しにくい印象。

 

【総評】リースナブルが最大の武器

バッテリー駆動時間など弱点はありますが、5万円以下で大画面、DVDドライブ搭載などは見事。

 

ペン入力にも対応する“変幻自在”のタッチキーボードを搭載

20170228-i02(4)
SPEC●OS:Windows 10 Home 64bit●CPU:Atom x5-Z8550●画面:10.1型(1920×1200ドット)●質量:約690g●メモリ:4GB●ストレージ:フラッシュメモリ64GB●接続端子:microUSB、microHDMI、microSDカードスロットなど●電池持続時間:約13時間●サイズ:W256.6×H9.6×D170.8㎜(閉合状態の場合)

 

レノボ・ジャパン
YOGA BOOK with Windows

実売価格5万円前後

ペン入力パッドとしても使える、フラットタイプのタッチキーボードを搭載する2 in 1モデル。キーボード部を回転させれば、タブレットのようにも使えます。ペン入力モードでは付属ノートを重ねて、その上から書き込み可能。LTE対応モデルなら、SIMカードを挿せばルーターなしでネット通信も行えます。Windows版のほか、Android版もラインナップ。

 

20170228-i02(5)
↑キーボード部はペン入力にも対応します

 

【チェック項目】

1.パフォーマンス/CPUはAtomシリーズですが、ミドルクラスを採用し、グラフィック処理性能がやや高め。

2.ストレージ/フラッシュメモリでデータの読み込み速度が速い。ただし容量は64GBと少なめです。

3.ディスプレイ/10.1型で解像度は1920×1080。100%表示では文字が極小になるほど超高精細です。

4.ポータビリティ/10.1型サイズで厚さは9.6㎜。しかも重量は約690gと超軽量。抜群の携帯性を誇ります。

5.キーボード(ペン)/平らなキーボードの入力は慣れが必要。ペン入力はペンタブレットのような感覚です。

 

【総評】独特の入力性は慣れが必要

抜群の携帯性を実現しているものの、平面に表示されるタッチ式キーボードは慣れが必要かも。ペンタブも欲しい人なら買いです。

 

着脱キーボードでスタイルを変化

20170228-i02(7)
SPEC●OS:Windows 10 Home 64bit●CPU:Atom x5-Z8350●画面:10.1型(1280×800ドット)●質量約:1.08㎏(キーボードドックを含む)●メモリ:2GB●ストレージ:eMMC64GB●接続端子:USB、microUSB、microHDMIなど●電池持続時間:約12.9時間●サイズ:W261×H20×D175㎜(キーボードドックを含む)

 

ASUS
TransBook T101HA

実売価格4万円前後

ディスプレイ部分がキーボード部から分離し、タブレットPCとしても使える2 in 1スタイルの10.1型機。ディスプレイ部にバッテリーを備え、単独でタブレットとして使えるのが特徴です。ディスプレイだけ持ち運べば、携帯性がグッとアップ。フルサイズのUSBポートを備えるので、拡張性が高いのもうれしいポイント。ミントグリーンのほか、メタルグレー、ピンクゴールドのカラーを用意しています。

 

20170228-i02(8)
↑ディスプレイだけでも使える分離型

 

【チェック項目】

1.パフォーマンス/YOGA BOOKと同世代のCPUですが、ワンランク下でグラフィック処理がやや弱め。メモリも2GBと貧弱です。

2.ストレージ/読み込み、書き込みともアクセスが速く、全体的な処理速度をアップしています。

3.ディスプレイ/1280×800ドットと低めで、“ながら作業”で複数の要素を表示するには力不足かも。

4.ポータビリティ/キーボードドックありでも約1㎏と軽量。分離時は約580gと携帯性がさらに向上します。

5.キーボード(ペン)/10点マルチタッチで細やかなタッチ操作に対応。キーボードのキータッチは良好です。

【総評】軽い作業には申し分なし

グラフィック処理性能の弱さをストレージでカバー。ビジネスにプライベートに活躍してくれます。

 

モバイルにぴったりなコンパクトモデル

20170228-i02(10)

SPEC●OS:Windows 10 Home 64bit●CPU:Celeron N3050●画面:11.6型(1366×768ドット)●質量:約1.13㎏●メモリ:2GB●ストレージ:eMMC32GB●接続端子:USB×2、HDMI、SDメモリーカードスロットなど●電池持続時間:約10時間45分●サイズ:W300×H18.5×D205㎜

 

日本HP
Stream 11-y003TU

実売価格:3万円前後

11.6液晶を採用したエントリークラスのモバイルPC。CPUは省電力タイプですが、ネットやメール、動画サイト視聴などがメインのライトユーザーであれば十分でしょう。ストレージは実質16GBしか使えないので、大量のデータを保存するにはSDカードやUSBメモリなどを活用する必要があります。マイクロソフトのクラウドストレージサービスOneDrive 100GBの使用権2年間分が付属するので、データはクラウド管理するという使い方もできます。

 

20170228-i02(11)
↑目を引く鮮やかなカラー

 

【チェック項目】

1.パフォーマンス/CPUは省電力タイプですが、複雑な処理や編集などを行わないのであれば十分。

2.ストレージ/eMMCはスピードは速いものの、実質16GBしか使えないで、外部メモリやクラウドストレージを活用する必要があります。

3.ディスプレイ/11.6型サイズの非光沢液晶パネルで、仕事や作業はしやすいものの、映像コンテンツを視聴するには物足りないかも。

4.ポータビリティ/小型・軽量ながら、バッテリー持ちもよく、モバイルPCに最適です。

5.キーボード(ペン)/キーボードの感触は価格なり。打鍵感にこだわる人には向いていません。

 

【総評】持ち歩き派にピッタリ

とにかくPCを持ち歩きたいライトユーザー向け。鮮やかなカラーのボディは、好みが分かれるかも。

 

協力:楽天市場