ショッピング
2017/7/31 20:00

SNSにオシャレな写真をアップしたい! カメラ女子にオススメのミラーレスカメラ4選

インスタグラムをはじめとするSNSへアップするために、本格的な写真を撮りたいと考えている女性が増加しています。スマホのカメラや画像加工アプリを駆使すれば、手軽にオシャレな写真を撮れますが、やはり本格的なカメラの表現力には及びません。人と違った本格的な写真を撮りたいカメラ女子には、コンパクトに持ち運べるミラーレス一眼カメラがおススメです。

 

ミラーレス一眼カメラとは、カメラ内部のミラーを省き、ミラーが必要な光学式ファインダーの代わりに、電子ビューファインダーや液晶ディスプレイを備えたレンズ交換式のデジタルカメラ。ミラーを備えたデジタル一眼レフカメラに比べ、コンパクトで軽量化しやすいメリットがあります。今回は、デザインにも画質にもこだわったミラーレス一眼カメラをご紹介。動物、花、食べ物といった女子に人気の被写体をキレイに撮れる撮影テクニックも合わせて解説します。

 

撮影の腕前が上がるワンポイントテクニック

1)子どもやペットなど動き回る被写体をうまく撮るには

小さいお子さんやペットのように、常に動き続けていたり、予想のつかない動きをする被写体は、ピントが外れてボケた写真になってしまいがち。そんなときは、オートフォーカスのモードを上手く使い分けるとよいでしょう。一般的なミラーレスカメラのオートフォーカスには、シャッターボタンを半押しして被写体にピントを合わせたあと、半押しを続けているあいだピントを固定するAF-S(シングルAF)と、半押しを続けているあいだ被写体の動きを追ってピントを合わせ続けるAF-C(コンティニュアスAF)の2種類が用意されています。動く被写体を撮るときは、オートフォーカスをAF-Cに設定しておくと、ピントの合ったきれいな写真が撮れます。

20170730-i04(1)
↑動きの早い被写体にはAF-Cがおすすめ

 

2)花を印象的に撮るには

季節を感じさせる被写体といえば、やっぱり花。ミラーレスカメラで花を撮るときは、被写体に近寄って大きく写せる「マクロレンズ」があると便利です。また、マクロレンズがなくても、「ズームレンズ」を望遠側にして花に近づけば、背景をふんわりぼかして花を際立たせた写真を撮ることができます。

↑マクロレンズでの撮影イメージ
↑マクロレンズでの撮影イメージ

 

↑ズームレンズでの撮影イメージ
↑ズームレンズでの撮影イメージ

 

3)食べ物をおいしそうに撮るには

SNSにアップされることが多い食べ物の写真。おいしそうに撮るために大事なのは「明るさ」と「ホワイトバランス」です。まず、食べ物はなるべく明るい場所で角度をつけて撮ることを意識しましょう。被写体に対して斜め上の角度からカメラを構え、光がうまく反射してツヤが出るようにすると、シズル感のある写真を撮れます。また、白熱電球の灯りのように赤味のある光は食べ物をおいしそうに見せてくれるので、蛍光灯など白っぽい光の下ではホワイトバランスを「曇天」や「蛍光灯」に設定して赤味を加えてあげると、よりおいしそうに撮ることができます。

↑光とホワイトバランスをうまく使いこなしましょう
↑光とホワイトバランスをうまく使いこなしましょう

 

シンプルで洗練されたカメラ「PEN Lite E-PL8」

img01
画像クリックで楽天市場内の製品一覧ページに移動できます

オリンパス PEN Lite E-PL8

楽天市場実売価格 7万4700円

カメラを愛する人のためのカメラ「PEN Lite E-PL8」。マイクロフォーサーズサイズのセンサーや手ぶれ補正などの技術を搭載し、あらゆるシーンをハイスペックで撮影することができます。また、時代を越えた美しさがあるデザインも魅力のひとつ。

 

<注目ポイント>
・クリアな一眼画質
・タッチセルフィーで静止画・動画の撮影が可能
・撮影と編集が楽しくなる個性的な機能が充実

軽量レンズやセンサーで、被写体がくっきりと浮き上がるような印象的な写真が撮れます。多彩な効果でオシャレな写真が撮影できる「アートフィルター」など基本機能も充実。直感的な操作で“明るさ”や“背景のボケ具合”を操作できる「ライブガイド」を使えばオシャレな写真に仕上がるはず。内蔵Wi-Fiと専用アプリで、カメラとスマホのワイヤレス接続が可能です。

 

自撮りが多い人は「LUMIX DC-GF9」

img02
画像クリックで楽天市場内の製品一覧ページに移動できます

パナソニック LUMIX DC-GF9

楽天市場実売価格 7万2531円

「LUMIX DC-GF9」は、モニターを見ながら簡単に自分撮りができます。また「Wシャッター」なので、レンズを自分に向けた時でも右手でシャッターを押すことが可能。進化したセルフィー機能と、たくさんのフィルター設定を楽しむことができます。

 

<注目ポイント>
・ベストショットが撮れる「4Kセルフィー」
・女性でも持ち運びやすいサイズと軽さ
・かんたん操作と多彩な機能

「4Kセルフィー」は、自分撮りモードと4Kフォトモード(秒間30コマ連写)を組み合わせた機能。撮った写真は、スライドフォトセレクトで簡単にベストショットを選ぶことができます。また、小さな手にも収まりやすいコンパクトなサイズと、手持ち撮影しやすい軽さを両立。フィルター設定の“美肌効果モード”や“スリムモード”などで理想の仕上がりを実現できます。こちらも専用アプリでスマホにワイヤレスアクセスが可能。

 

動きのある被写体を撮りたいなら「α5100」

img03
画像クリックで楽天市場内の製品一覧ページに移動できます

ソニー α5100

楽天市場実売価格 5万7650円

進化したファストハイブリッドAFを搭載した「α5100」は、人や動物などの動く被写体でもイキイキとした表情や瞬間を逃すことなく撮影可能。また、無料でダウンロードできるPCソフトを使えば、写真や動画を簡単に整理、検索、再生することができます。

 

<注目ポイント>
・高速AFと高画質を両立
・画面でタッチするだけの「タッチシャッター」
・カメラ任せでキレイに撮れる「プレミアムおまかせオート」

0.07秒の高速AFを実現。画面上で触れるだけでシャッターが切れる「タッチシャッター」機能を搭載しているので、決定的場面を瞬時に捉えることができます。「プレミアムおまかせオート」は、逆光や人物など11のシーンを自動で判別する機能。カメラが自動でシーンなどを認識してくれるので、シャッターを押すだけでキレイな写真が撮影できます。

 

簡単加工でSNSにアップできる「EOS M10」

img04
画像クリックで楽天市場内の製品一覧ページに移動できます

キヤノン EOS M10

楽天市場実売価格 4万6500円

液晶を180度回転させて自分撮りも楽しめる「EOS M10」。“すっきり~鮮やか”“ぼかす~くっきり”“暗く~明るく”など、自分のイメージを指一本で表現することができるメニューで印象的な写真を残すことができます。

 

<注目ポイント>
・オシャレなデザイン
・可愛さがアップする7つのフィルター
・SNSへの投稿が簡単

ボディーカラーは「ホワイト」「グレー」「ブラック」の3種類。トイカメラ風、魚眼風、ソフトフォーカスなど写真を加工するフィルターを7つ搭載。Wi-Fiでカメラからスマホに画像をワンタッチで送ることもできます。

 

協力:楽天市場