ショッピング
2018/12/11 20:00

「楽天市場ヒット番付2018」で今年のトレンドを一挙おさらい!【関脇・小結編】

11月26日に発表された「楽天市場ヒット番付2018」は、今年のアイテム市場を総決算するものでした。東西の横綱は「懐古消費」と「スポーツ特需」。タピオカやレトロ家電といった昔懐かしいアイテムに加え、世界的スポーツイベントにあわせて売れた大型テレビなど、今年の消費を象徴するアイテムがトップをとりました。

 

今回はその番付から、関脇の地位を獲得した「クリア系グッズ」と「刺激系グルメ」、それに次ぐ小結となった「男の家時短」と「女の時産」の4つを紹介します。横綱や大関のアイテムに比べて知名度は劣るかもしれませんが、ひとつひとつのアイテムを見ると「あ、確かにこんなもの見たな」と思うようなものが多いはず。

 

2018年を思い出しながらチェックしてみてくださいね!

 

 

【関連記事】

「楽天市場ヒット番付2018」で今年中に買っておきたいベストバイを一挙おさらい【横綱・大関編】

「楽天市場ヒット番付2018」で今年中に買っておきたいベストバイを一挙おさらい!【前頭・期待株編】

 

なお、前回に引き続き、番付の解説は楽天市場のトレンドハンター、清水淳さんが担当しています。「どういう背景があって売れたのか?」と、世相との相関性から番付を楽しむこともできますよ。

楽天市場 トレンドハンター

清水淳さん

楽天が誇る、データ分析のスペシャリスト。楽天市場の検索や購買データ、SNSの投稿、海外の消費動向などあらゆるデータを分析し、将来のトレンドを常に予測している。楽天市場内の店舗と連携し、新しいトレンドや商品を生み出す活動も行う。

 

東関脇:刺激系グルメ

シビれる辛さの花椒が大人気! スイーツやアルコールも刺激系が売れた!

 

【売れた商品】

激辛鍋、チョコミントスイーツ、高アルコール度数のチューハイ

 

【清水さんの解説】

2018年は刺激の強い食品がよく売れました。麻婆豆腐などに用いられる調味料で、舌をシビれさせる辛さから人気となった花椒(ホワジャオ)がその代表格。ですが、今年の刺激系グルメブームは、スイーツやアルコールにまで及んだことに特徴があります。

 

甘さに刺激を加えたスイーツが好調な売れ行きを示し、特にチョコミントは、楽天市場において前年比で6倍という驚異的な伸びを記録。アルコール度数が高いものでは9%ほどもある強アルコールチューハイもコンビニなどの実店舗で人気を集めました。

 

【イチオシ商品】

リンツ

チョコレート リンドール ミント 10個入り

実売価格993円

 

2層構造の球形チョコスイーツ。ダークチョコレートのシェルのなかに、ペパーミントの香りにあふれたフィリングが詰まっています。外装はキャンディのような包み方で、愛らしい見た目。甘党の方に向けた、ちょっとしたプレゼントにぴったりです。

 

本品のほかにもミルク、キャラメル、抹茶など10種類以上のフレーバーがラインナップ。複数頼んで、違いを楽しむというような楽しみ方もできます。

 

西関脇:クリア系グッズ

ファッションも飲料も! 透明感で個性を出すアイテムが流行

 

【清水さんの解説】

今年の夏、透明で中身の見えるクリアバッグが若者の間で急激に流行しました。特に女子高校生の間では透明な筆箱も一大ブームに。わざと中身を見せることで自らの個性やおしゃれさをアピールするという若者文化から、こういったアイテムに支持が集まりました。楽天市場内でのクリアバッグの売上は、前年比で1.34倍に伸びています。

 

また、ドリンク市場でも、クリア系のものが多く登場しヒット。たとえばアサヒ飲料の「アサヒクリアラテ from おいしい水」のように、すっきりした見た目としっかりした味のギャップが消費者にウケたようです。これらのドリンクはリアル店舗はもちろん楽天市場内でも多くの注文を集め、クリア飲料が1.86倍と大きな伸びを見せました。

 

【イチオシ商品】

アサヒ飲料

アサヒクリアラテ from おいしい水

実売価格134円

 

透明ながらもラテ本来のおいしさを残したクリア飲料。エスプレッソ抽出エキスに生乳由来の乳清ミネラルを加え、天然水で仕立てることで、ゴクゴクいける飲みやすさと、ラテの特徴であるコクを両立しています。

 

脂肪とカフェインがゼロ、さらにカロリーも100mlあたり10kcalと少なく抑えられているのも特徴。すっきりしたい朝から、仕事の疲れを癒したい夜まで、時間を選ばず飲むことができます。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示