ショッピング
2018/12/11 20:00

「楽天市場ヒット番付2018」で今年のトレンドを一挙おさらい!【関脇・小結編】

11月26日に発表された「楽天市場ヒット番付2018」は、今年のアイテム市場を総決算するものでした。東西の横綱は「懐古消費」と「スポーツ特需」。タピオカやレトロ家電といった昔懐かしいアイテムに加え、世界的スポーツイベントにあわせて売れた大型テレビなど、今年の消費を象徴するアイテムがトップをとりました。

 

今回はその番付から、関脇の地位を獲得した「クリア系グッズ」と「刺激系グルメ」、それに次ぐ小結となった「男の家時短」と「女の時産」の4つを紹介します。横綱や大関のアイテムに比べて知名度は劣るかもしれませんが、ひとつひとつのアイテムを見ると「あ、確かにこんなもの見たな」と思うようなものが多いはず。

 

2018年を思い出しながらチェックしてみてくださいね!

 

 

【関連記事】

「楽天市場ヒット番付2018」で今年中に買っておきたいベストバイを一挙おさらい【横綱・大関編】

「楽天市場ヒット番付2018」で今年中に買っておきたいベストバイを一挙おさらい!【前頭・期待株編】

 

なお、前回に引き続き、番付の解説は楽天市場のトレンドハンター、清水淳さんが担当しています。「どういう背景があって売れたのか?」と、世相との相関性から番付を楽しむこともできますよ。

楽天市場 トレンドハンター

清水淳さん

楽天が誇る、データ分析のスペシャリスト。楽天市場の検索や購買データ、SNSの投稿、海外の消費動向などあらゆるデータを分析し、将来のトレンドを常に予測している。楽天市場内の店舗と連携し、新しいトレンドや商品を生み出す活動も行う。

 

東関脇:刺激系グルメ

シビれる辛さの花椒が大人気! スイーツやアルコールも刺激系が売れた!

 

【売れた商品】

激辛鍋、チョコミントスイーツ、高アルコール度数のチューハイ

 

【清水さんの解説】

2018年は刺激の強い食品がよく売れました。麻婆豆腐などに用いられる調味料で、舌をシビれさせる辛さから人気となった花椒(ホワジャオ)がその代表格。ですが、今年の刺激系グルメブームは、スイーツやアルコールにまで及んだことに特徴があります。

 

甘さに刺激を加えたスイーツが好調な売れ行きを示し、特にチョコミントは、楽天市場において前年比で6倍という驚異的な伸びを記録。アルコール度数が高いものでは9%ほどもある強アルコールチューハイもコンビニなどの実店舗で人気を集めました。

 

【イチオシ商品】

リンツ

チョコレート リンドール ミント 10個入り

実売価格993円

 

2層構造の球形チョコスイーツ。ダークチョコレートのシェルのなかに、ペパーミントの香りにあふれたフィリングが詰まっています。外装はキャンディのような包み方で、愛らしい見た目。甘党の方に向けた、ちょっとしたプレゼントにぴったりです。

 

本品のほかにもミルク、キャラメル、抹茶など10種類以上のフレーバーがラインナップ。複数頼んで、違いを楽しむというような楽しみ方もできます。

 

西関脇:クリア系グッズ

ファッションも飲料も! 透明感で個性を出すアイテムが流行

 

【清水さんの解説】

今年の夏、透明で中身の見えるクリアバッグが若者の間で急激に流行しました。特に女子高校生の間では透明な筆箱も一大ブームに。わざと中身を見せることで自らの個性やおしゃれさをアピールするという若者文化から、こういったアイテムに支持が集まりました。楽天市場内でのクリアバッグの売上は、前年比で1.34倍に伸びています。

 

また、ドリンク市場でも、クリア系のものが多く登場しヒット。たとえばアサヒ飲料の「アサヒクリアラテ from おいしい水」のように、すっきりした見た目としっかりした味のギャップが消費者にウケたようです。これらのドリンクはリアル店舗はもちろん楽天市場内でも多くの注文を集め、クリア飲料が1.86倍と大きな伸びを見せました。

 

【イチオシ商品】

アサヒ飲料

アサヒクリアラテ from おいしい水

実売価格134円

 

透明ながらもラテ本来のおいしさを残したクリア飲料。エスプレッソ抽出エキスに生乳由来の乳清ミネラルを加え、天然水で仕立てることで、ゴクゴクいける飲みやすさと、ラテの特徴であるコクを両立しています。

 

脂肪とカフェインがゼロ、さらにカロリーも100mlあたり10kcalと少なく抑えられているのも特徴。すっきりしたい朝から、仕事の疲れを癒したい夜まで、時間を選ばず飲むことができます。

 

東小結:女の時産

時短はもう古い! 最新トレンドは時間を産む方向へ

 

【売れた商品】

自動調理器、サバ缶、冷凍食品、レトルトカレー

 

【清水さんの解説】

「働き方改革」や「生産性向上」が声高に叫ばれた2018年、時短を進化させた「時産」という概念が出てきました。

 

時産は時間をコントロールして新たな時間を産むこと。楽天市場内で前年比4.78倍の売上を記録した自動調理器はまさにその象徴ともいえるアイテムです。自動調理器は、調理に充てていた時間を完全な自由時間へと変えてくれます。特定機種専用のミールキットが発売されるなど、そのブームはまだ加速中です。

 

また、サバ缶や冷凍食品、レトルトカレーなど、調理の時間をなくしてくれる便利食品も人気に。特に、SNSでレシピがシェアされたことで人気を博したサバ缶は楽天市場でもヒットし、売上が前年比2.70倍に躍進しました。

 

【イチオシ商品】

シロカ

電機圧力鍋SP-4D151

実売価格2万1384円

 

4L大容量の電気圧力鍋。圧力調理、無水調理、蒸し調理、スロー調理、炊飯、温め直しと1台6役の多用途性が特徴です。カレーや豚の角煮などの定番料理を自動で作れるプリセットメニューは10種類あり、さらに付属のレシピブックには77種類のメニューが掲載されています。

 

最大90kpa(キロパスカル)まで加圧できるハイパワーで、カレーなら加圧時間13分で調理が完了。全自動なだけでなく、調理時間が短いのも魅力です。最大6人分までの大容量調理に対応しているため、人数の多い家族やホームパーティの開催が多い家庭でも八面六臂の活躍を見せてくれます。

 

西小結:男の家時短

男性向けにヒットする家事アイテムが増加! 洗濯ボールは大ヒット商品に

 

【清水さんの解説】

女性の時短が時産に進化した一方で、家事へと参入する男性が急激に増加しました。

男性の家事参加がもはや当たり前になったいまでは、「家事メン」や「家事男(かじお)」というワードもよく耳にします。

 

そこで登場したのが、家事に不慣れな男性でも使いやすい家事グッズ。特に洗剤不要で洗濯ができる洗濯ボールは、楽天市場内でも大ヒットしました。洗濯機に入れるだけの簡単さから支持を集め、前年比で4.89倍という高い売上を叩き出しています。

 

また、男性は機能だけでなくデザインを兼備するアイテムを好む傾向があり、高単価なものも人気が出ました。その代表格のグリルパンの売上は、前年比1.52倍となっています。

 

【イチオシ商品】

アーネスト

洗濯ボール エコサターン

実売価格2513円

 

7種類の特殊セラミックスからできた洗濯ボール。特殊セラミックスが水を活性化させることで水道水が洗浄力のある水に変わるため、通常の汚れであれば洗剤が不要になります。公的な試験でも、しょうゆやソース、マヨネーズといったしつこい汚れも綺麗に落とせることが証明されました。

 

また、この特殊セラミックスには抗菌・コート効果もあり、洗濯した衣服は室内干しでもカビ臭が出にくく、洗濯機の洗濯槽に付着する黒カビなどの汚れも抑制してくれます。

 

洗濯費用の節約で年間1.5万円の節約が見込めるうえ、洗濯排水の汚水を減らすため、財布にも環境にもやさしいダブルエコなアイテムです。

 

次回は前頭、そして来年の期待株を紹介します!

 

協力:楽天市場

楽天