ショッピング
2019/4/19 19:45

GWは自宅で映画三昧だ! インドア派のあなたに贈る、極音サウンドバー4+1選

GW中は、家でじっくりと録り溜めていたドラマや映画、見そびれていたライブ映像に浸りたい! そんなインドア派のあなたにオススメなのがサウンドバー。たった1本のコンパクトなバーをテレビの前に置くだけで、格段にリッチな音環境が実現します。

 

最適な位置にいくつもスピーカーをセッティングする手間もいらず、場所も取らないので、ここに来てサウンドバー人気が急上昇中! 本格的なホームシアターは難しくても、これなら少しの投資で大きな感動が得られます。GWは映画、ドラマ、スポーツ、ライブを片っ端から見ちゃいましょう!!

 

[その1]

これ1本にソニーならではの技術が詰まったサウンドバー

ソニー
サウンドバー HT-X8500
実売価格3万9880円

 

本体中央にデュアルサブウーファーを内蔵したソニーのバースピーカー。左右のスピーカーユニットが、コンパクトながらパワフルな低音を広げます。音の位置情報や移動情報を加えた最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」、「DTS:X」に対応し、全方位からの音に包みこまれるような、リアルな音響空間が生まれます。

 

高さ方向の表現力を加える「Vertical Surround Engine」と、前後左右方向の表現力を加える「S-Force Pro Front Surround」というソニー独自の技術もポイント。幅890mm、高さ64mm、奥行き96mmというサイズ感。サウンドモードは「シネマ」「ミュージック」「ゲーム」「ニュース」「スポーツ」「スタンダード」の6種類と豊富。

 

【ここがポイント】
・最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」に対応
・ソニー独自の高精度なデジタル音場処理技術
・豊富な6種類のサウンドモード

 

[その2]

これだけコンパクトでも迫力十分のサウンド!

パナソニック
サウンドバー SC-HTB200
実売価格1万5045円

 

コンパクトデザインながら実用音声最大出力80Wと迫力あるサウンドが楽しめる、パナソニックのシアターバー。幅450mm、高さ51mm、奥行き135mmと非常にスリムで、テレビの足元にすっきり納まるタイプ。視聴の邪魔にもなりません。新搭載のダイナミックエアロポートにより、臨場感のある低音サウンドが実現。テレビと連動する「HDMI-CEC」機能を搭載し、テレビのリモコンで電源のオン、オフや音量調整もできます。

 

キャビネットが台形型をしているのも特徴。定在波の反射を抑え、共振を低減します。サウンドモードは「スタンダード」「ミュージック」「シネマ」の3種類。Bluetooth対応でスマホの音楽もワイヤレス再生可能。パナソニックの音楽再生アプリ「Panasonic Music Streaming」にも対応しています。

 

【ここがポイント】
・テレビの足元にすっきり納まるコンパクトタイプ
・ダイナミックエアロポートで、迫力の低音サウンド
・共振を低減する台形型デザイン

 

[その3]

これぞウルトラスリム! BOSE史上もっともスリムなボディ

ボーズ
BOSE SOUNDBAR 500
実売価格6万3720円

 

オーディオの雄・BOSEによる、インテリアに溶け込むスタイリッシュなサウンドバー。「Amazon Alexa」搭載で、大音量で音楽を再生していても、マイク8つの独自アレイ構造でユーザーの声を集音し、音声操作が可能です。BOSEの「ADAPTiQ自動音場補正」技術により、壁の素材などの部屋の特性に合わせてサウンドを最適化し、クリアな音が響きます。

 

幅800mm、高さ44.4mm、奥行き101.6mmとBOSE史上もっともスリムなボディ。埋め込みポートに耐久性のあるスクリーンを採用し、小さな開口部でノイズを軽減。また、BOSE独自開発のドライバーも、高い音響性能に寄与しています。アプリ「Bose Music」を使えば検索が簡単になり、ラジオ局、プレイリストから音楽配信サービスへのシームレスな切り替えも可能です。

 

【ここがポイント】
・BOSE史上もっともスリムなボディ
・「Amazon Alexa」搭載で、声で操作
・BOSEの「ADAPTiQ自動音場補正」でサウンドを最適化

 

[その4]

前後左右、そして上方から音に満たされる感覚

ヤマハ
サウンドバーYAS-108
実売価格1万8759円

 

前方・後方・左右に加え、高さ方向の音場も再現するバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応した、ヤマハのサウンドバー。全身を包み込む音環境は、映像と音楽の一体感を増幅し、映画やライブ映像への没入感を高めてくれます。2機種のBluetoothを同時に接続する「マルチポイント接続」も可能。音楽再生の切り替えが簡単にできます。

 

専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」を使用すれば、「映画」「テレビ番組」「音楽」「スポーツ」「ゲーム」の5種類のサラウンドプログラムが選べ、最適な音場で視聴できます。5.5cmフルレンジL/Rスピーカー、7.5cm内蔵サブウーファー、2.5cmツイーターによる3ユニット構成をそれぞれ左右に搭載。実用最大出力計120Wのハイパワーアンプとあいまってサラウンドはクリアかつ迫力満点です。

 

【ここがポイント】
・バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応
・2機種のBluetoothを同時に接続
・実用最大出力計120Wのハイパワーアンプ

 

[その5]

ヘッドホンでもスピーカーでもない、新たな音の形

シャープ
ネックスピーカー AQUOS サウンドパートナー AN-SX7A
実売価格2万6200円

 

アーチ型で首にかけて使う、ヘッドホンとスピーカーの中間とも言えるウェアラブルネックスピーカー。周囲の音を遮らず、ヘッドホンのような密閉感もないので、寛ぎながら音を楽しむのに向いています。低音を増幅する「バスレフ型構造」と、重低音と連動する「パッシブラジエーター型振動ユニット」を組み合わせたシャープ独自の「ACOUSTIC VIBRATION SYSTEM」を搭載。低音域から中高音域の音声をバランスよく再生し、低音に振動が加わることで臨場感も抜群です。

 

柔軟性のあるエラストマー素材を首まわりに採用し、長時間使用していても疲労感が少なく快適。モードはドラマやバラエティ番組などを楽しむ「標準モード」、映画やゲームなど重低音を強調する「ダイナミックモード」、ニュースなど人の声が聞きやすい「ボイスモード」の3種類。約5時間の充電で、テレビや音楽を連続で約13.5時間再生できます。

 

【ここがポイント】
・ブームの兆しが見えるウェアラブルネックスピーカー
・シャープ独自の「ACOUSTIC VIBRATION SYSTEM」
・柔軟性のあるエラストマー素材で長時間使用でも疲れにくい

 

提供:楽天市場

楽天