ショッピング
2019/7/31 19:45

夏本番をAIで賢く乗り切る! 今買うべき「高性能エアコン」5選

ついに夏本番が到来。昼も夜も暑い毎日がやってきました。頼みの綱はやっぱりエアコンですよね! 最近のエアコンの進化は目覚ましく、大手メーカーの上位モデルはいずれも高精度センサーやAIを搭載し、賢くなっています。センサーがキャッチした部屋の情報を分析・学習するので、省エネで無駄なく、いつでも快適に過ごせるのがポイントです。

 

今回は、ダイキン・三菱電機・パナソニック・日立・富士通ゼネラルの5メーカーのハイエンドなモデルをピックアップ。AI以外でも空気清浄機能がついていたり、エアコン内部の洗浄に強みがあったりと、多彩な機能を競っています。長く使うエアコンだからこそ、少し予算がかかっても、性能のいいものを買うというのも賢い選択ですよ。

 

[その1]

温度だけでなく、湿度までコントロールする賢いAI

 

ダイキン

Rシリーズ うるさら 7 AN40WRS

実売価格27万3780円

AIと独自の制御技術の組み合わせで、天気や季節が変わっても、使う人にとって最適な環境を自動で実現するダイキンのフラッグシップモデル「うるさら7(Rシリーズ)」。「AI快適自動」運転は、 床・壁温度を検知して輻射熱を推測し、業界で初めて湿度までコントロールします。カビが発生しやすい温度・湿度をエアコンが検知すると、自動的に除湿運転を行う「しつどみはり運転」も蒸し暑い時期に最適。ダイキン独自のプラズマ放電「ストリーマ」の酸化分解力で、エアコン内部のカビを抑制するなど、清潔性も高くなっています。

さまざまな地域や環境、設置場所を想定した300以上の試験に耐えうる構造設計が採用されたタフさも特筆すべき点。無線LAN接続アダプターを内蔵し、スマホの専用アプリからエアコンを操作できるほか、「Googleアシスタント」「Amazon Alexa」での音声操作にも対応しています。

 

【ここがポイント】
・業界初の湿度までコントロールする「AI快適自動」運転
・カビの発生を抑える「しつどみはり運転」
・無線LANを内蔵し、スマホから操作可能

 

[その2]

「ムーブアイmirA.I.」が未来を予測し先回りして快適に!

 

三菱電機

霧ヶ峰 FZシリーズ MSZ-FZ4019S

実売価格20万1045円

AI技術を搭載した高精度の赤外線センサー「ムーブアイmirA.I.」で、少し未来の部屋の温度と湿度の変化を予測する、三菱のプレミアムモデル「霧ヶ峰 FZシリーズ」。最適な運転モードや気流に自動で切り替える世界初の「おまかせA.I.自動」を搭載し、快適性と省エネ性が向上。平成30年度の「省エネ大賞」も受賞しています。エアコン内部は油・ホコリが付きにくい「ハイブリッドナノコーティング」。前面パネルはフラップも外せて、通風路までしっかり掃除ができます。

人の温冷感、住宅性能、外気温・日射熱、小さな熱源と、室内外のさまざまな要素を360°センシング。その結果をAIが学習・分析して運転をコントロールします。また、左右独立駆動のファンで、1人ひとりの温度の感じ方に合わせて、気流の強弱を細かく送り分けるため、暑がりな人も寒がりな人も、同じ部屋で快適に過ごせます。

 

【ここがポイント】
・少し先の未来を予測する「ムーブアイmirA.I.」
・汚れにくく、掃除がしやすい構造
・左右の独立駆動ファンで、暑がりな人も寒がりな人も快適

 

[その3]

「ナノイーX」とAI空気清浄でエアコンの大敵・カビにも強い

パナソニック

エオリア WXシリーズ CS-WX409C2

実売価格24万7800円

空気清浄・脱臭に効果を発揮する、パナソニック独自の次世代健康イオン「ナノイーX」を搭載したプレミアムモデル「エオリア WXシリーズ」。気象情報サイト・ウェザーニューズと連携し、世界初の気象情報を活用した「AI先読み空気清浄」を実現。花粉やPM2.5の飛散予報をもとに部屋の空気の汚れを先読みし、自動で空気清浄運転を行います。また、「ナノイーX」と内部清潔機能で家庭に発生する8大カビも抑制。ひんやりとした冷風がすぐにたっぷり吹き出す「すぐでる冷房」は、汗だくの帰宅時に最適です!

さらに、「コーティング自動洗浄」「高温加熱乾燥」「ナノイーX」を用いた「オートクリーンシステム」で、エアコン内部のカビの原因であるホコリ・湿気・カビ菌を抑制します。オフシーズンでも空気の温度・湿度を検知する「カビみはり」で、自動で内部クリーンを行い、久々の使用でも、ニオイやカビを気にすることなく安心して使い始められます。

 

【ここがポイント】
・ウェザーニューズと連携した「AI先読み空気清浄」
・「ナノイーX」で家庭に発生する8大カビを抑制
・久々の使用でもニオイやカビが気にならない

 

[その4]

熱交換機を凍らせる「凍結洗浄」が進化し、ファンもキレイに!

日立

白くまくん Xシリーズ RAS-X40J2

実売価格19万9900円

エアコン内部の熱交換器を凍らせて大量の霜を付け、たくわえた霜を一気に溶かすことで洗浄する「凍結洗浄」が好評の「白くまくん」のプレミアムモデル「Xシリーズ」。従来の熱交換機だけではなくファンのホコリも自動で掃除できる「凍結洗浄 ファンロボ」機能が新搭載されました。また、30万画素CMOSイメージセンサーを採用した画像カメラと、温度カメラ、近赤外線LED技術を搭載した「くらしカメラ AI」が、部屋の状況を把握し気流をコントロール。部屋のすみずみまで快適にしてくれます。

「くらしカメラ AI」の「湿度カメラ」機能で、部屋干しの洗濯物を見つけると、集中的に除湿して乾燥しやすくする「ランドリー除湿」を搭載。また、ホコリを帯電させ、ステンレスフィルターで捕集する「ステンレスイオン空清」で、部屋の空気もキレイにしてくれます。エアコン内部は汚れにくいステンレスを採用。菌の繁殖を抑制し、イヤなニオイの一因となるカビの発生も防ぎます。

 

【ここがポイント】
・好評の「凍結洗浄」が「凍結洗浄 ファンロボ」に進化
・「くらしカメラ AI」が部屋の状況をすみずみまで把握
・部屋のホコリをキャッチする「ステンレスイオン空清」

 

[その5]

AIが学習、提案するエッジ&クラウドAI搭載の次世代型「ノクリア」

富士通ゼネラル

ノクリアXシリーズ AS-X40J2

実売価格20万1000円

機体の両サイドでスイングして気流を送る「デュアルブラスター」搭載のプレミアムモデル「ノクリアXシリーズ」。無線LANアダプターを内蔵し、エアコン本体の「エッジ AI」と富士通グループの「クラウド AI」を接続。ネット上のさまざまなデータを活用し、気象情報をもとにオススメのタイマー予約を提案したり、使う人の好みの温度を学習したりと、AIが効率的に働いてくれます。「熱交換器加熱除菌」で熱交換器を55℃以上に加熱し、湿熱効果で除菌を行うため清潔です。

 

冷房・暖房を行うセンター気流と、冷気・暖気を運び循環させる「デュアルブラスター」気流の2種類で、ムラなく心地よい気流を送ります。リモコンは円筒型の新デザインに一新され、従来の「押す」動作ではなく、手をかざす、触れるだけで操作ができます。「Googleアシスタント」搭載端末があれば、音声操作も可能。Android TV機能を搭載したソニーの4Kテレビ「ブラビア」に話しかけても操作ができます。

 

【ここがポイント】
・気象情報をもとにAIがオススメ予約を提案
・左右の「デュアルブラスター」が冷気を遠くまで運ぶ
・「熱交換器加熱除菌」で熱交換器を55℃以上に加熱して除菌

 

提供:楽天市場

TAG
SHARE ON
楽天