ショッピング
2019/10/18 16:00

重視するのは音質? デザイン? 防水性? いま買うべき1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン

さまざまな家電やデジタル機器がコードレス&ワイヤレス化されるなか、イヤホンもワイヤレスが当たり前の時代となってきました。ケーブルがないことで絡まず、体の動きも自由でエクササイズのお供にも最適とあって「一度使ったらもう戻れない」という声をよく聞きます。そこで今回は、一気に普及しつつある完全ワイヤレスイヤホンのなかでも、1万円以下で「コスパがいい!」と評判の5製品をセレクトしました。

 

“完全”ワイヤレスとはBluetoothで接続でき、しかも左右のイヤホンが独立している製品を指します。すべてのケーブルが省かれ、本体・充電ケースとも小さくて持ち運びに便利。メーカーによってデザインはもちろん、音質や連続再生時間、ケースの形状に違いがあるので、自分の使用スタイルに合った最適なアイテムを見つけて下さい!

 

[その1]

老舗ブランドの技術が奏でる豊かな音質!

 

ハーマンインターナショナル

JBL TUNE120 TWS

実売価格7810円

アメリカの老舗オーディオブランド「JBL」が送る、音質とコスパをバランスよく兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホン。「JBL Pure Bassサウンド」採用の5.8mm径ドライバーによるパワフルなサウンドで、ワイヤレスでもピュアな低音域を楽しめます。本体は約4時間連続再生。スタイリッシュな充電ケースに入れることで合計16時間再生ができ、15分で1時間分の充電が完了する急速充電にも対応しています。

 

人間工学に基づくデザインで長時間の装着でも快適。左右のイヤホンに配置されたボタンは、右を1回押すと再生/一時停止、左のボタンを1回押すとスキップと簡単に操作が可能。カラバリは「ブラック」「ホワイト」「ピンク」「グリーン」の4色展開です。

 

【ここがポイント】
・米の老舗オーディオブランド「JBL」
・「JBL Pure Bassサウンド」採用の5.8mm径ドライバー
・4色展開の豊富なカラバリ

 

[その2]

IP55等級の防塵・防水性能でアウトドアシーンにも活躍!

Skullcandy

Indy

実売価格9695円

大胆なスカルのロゴが目を引くアメリカの新興オーディオブランド「Skullcandy(スカルキャンディ)」。「Indy」はIP55等級の防塵・防水性能を持ち、雨や汗にも強く、アウトドアやエクササイズでも活躍してくれます。静電容量式タッチセンサーを搭載し、イヤホン本体のスカルロゴを軽くタップするだけで曲送りや音量調整が可能。歪みのない、粒立ちの良い高音とやわらかな低音が特徴です。

 

耳にかけられる、取り外し可能なパーツ「スタビリティージェル」が付属し、安定した装着感が得られます。本体の連続再生時間は4時間、充電ケースと併用で最長16時間の再生。10分間充電で1.2時間駆動の急速充電にも対応しています。カラバリは「ブラック」「インディゴ」「ミント」の3色展開。

 

【ここがポイント】
・IP55等級の高い防塵・防水性能
・静電容量式タッチセンサー搭載
・10分間の充電で1.2時間駆動の急速充電

 

[その3]

イヤホン&ケースともにデザイン性が高くコスパも抜群!

GLIDiC

Sound Air TW-5000s

実売価格7105円

ソフトバンク傘下のモバイル用オーディオブランド「GLIDiC(グライディック)」による、「音もカラダも自由になる。」をコンセプトにしたコスパの良い完全ワイヤレスイヤホン。さまざまな耳の形にフィットする有機的曲線デザイン「Ultra Multi-fitting」により、高い装着感を実現。「Multi-communication Mode(外音取り込み機能)」を使えば、イヤホンを付けたまま会話を楽しめます。ケースから取り出すだけで自動オンオフ・自動ペアリングが機能します。

 

くせのない調整で、サウンドはバランスよくナチュラルに響きます。充電ケースは幅42×高さ32×奥行き42mmと手のひらに収まるキューブ型。本体の音楽連続再生は約3時間、充電用ケースを使用すれば約10時間の再生が可能です。質感の違うマットとグロスを組み合わせたシックなデザインは「シカゴ・グッドデザイン賞2018」を受賞しています。

 

【ここがポイント】
・価格を抑えたコスパの高さ
・自動オンオフ・自動ペアリング機能
・賞を受賞しているシックなデザイン!

 

[その4]

クラス最小最軽量! スティック型ケースも持ち運びやすい

オウルテック

Samu-SE03

実売価格8610円

PC、スマホ、オーディオ関連に強みを持つ日本のデジタルアクセサリーメーカー「オウルテック」の完全ワイヤレスイヤホン。女性の耳には大きすぎた従来のワイヤレスイヤホンを見直し、イヤホン本体と充電ケースの小型化を実現。外耳道の奥にフィットしやすいエルゴノミクスデザインで、イヤホンが外れにくいのに加え、遮音性も向上しています。本体は約4時間連続再生、充電ケース使用で最大約24時間再生が可能。

 

イヤホン本体は片側約3.9g、充電ケースは52gと軽く、携帯性は文句なし。充電ケースはスティック型で、ポケットに収納しやすいのも便利です。防水性能は水滴が軽くかかっても大丈夫なIPX4。左右両方にそれぞれ2つのコントロールボタンが搭載されています。カラバリは「ブラック」「ホワイト」の2色。

 

【ここがポイント】
・クラス最小最軽量!
・ポケットに入れやすいスティック型ケース
・耳にフィットするエルゴノミクスデザイン

 

[その5]

プロが使う「インナーイヤーモニター」にヒントを得たデザイン

TaoTronics

Duo Free TT-BH062

実売価格8510円

中国・深センに本社を構える「SUNVALLEY」グループのオーディオ・家電ブランド「TaoTronics」。「Duo Free」はプロのミュージシャンがステージで使う「インナーイヤーモニター」をヒントにした、人の耳の形にフィットする「カスタムIEMシェイプ筐体」デザインが特徴。装着感が高く、長時間の使用にも向いています。本体の連続再生時間は最大3時間、ケースとの併用で約16.5時間の再生が可能です。ケースから出すとすぐにつながる自動ペアリング・自動電源オンオフ機能を搭載。

 

ケースはレザー仕様で、手触りも上質で高級感があります。日本のユーザーにも好まれるように、クリアでフラットなサウンドチューニングを採用。イヤホン本体にはタッチセンサーが搭載され、指で軽くタップするだけで基本的な操作ができます。防水性能はIPX4相当なので、軽い雨なら問題ありません。

 

【ここがポイント】
・人の耳にフィットする「カスタムIEMシェイプ筐体」デザイン
・自動ペアリング・自動電源オンオフ機能
・手触りが上質な高級感あるレザーケース

 

提供:楽天市場

TAG
SHARE ON
楽天