ショッピング
2016/9/24 12:27

【イヤホンからカバーまで】iPhone 7に買い替えたら手に入れるべきスマホアクセサリー6選

9月16日より一斉に発売されたiPhone 7/7 Plusは、iOS 10による新機能や強化されたカメラなどを備え、従来の機種より一層使いやすくパワーアップしています。

20160908-i01 (15)

このiPhone 7は、昨年のiPhone 6s/6s Plusとサイズはほぼ同じですが、カメラの位置が変わっているため、iPhone 6用のスマホケースなどは使えない場合があります。また、ヘッドホンジャックが廃止されたことにより、通常のヘッドホン/イヤホンはそのままでは使用できません(付属の変換アダプタを利用すれば可)。

 

そこで今回は、ゲットナビ編集部がピックアップした、iPhone 7シリーズと一緒に購入したいオススメのアクセサリー6選をご紹介します。

 

自由な装着感のワイヤレスイヤホン

今回のiPhone 7シリーズより、ヘッドホンジャックが廃止され、付属するイヤホンはLightning端子を利用して接続するようになりました。また、Bluetoothを利用したワイヤレスイヤホン「AirPods」(10月下旬発売予定)もオプションとして用意されるなど、ワイヤレスオーディオの利用も促されています。

 

iPhone 7へ買い替えるなら、この機会にBluetoothイヤホンを導入してみることをオススメします。初めてのBluetoothイヤホンとして最適なのは、JPRiDEの「JPA1」。実売価格は3500円前後と、お手軽に試せる価格となっています。

20160923-i06(1)

このJPA1の特徴は、なんといっても軽快な装着感。1本のケーブルのようなボックスレス仕様で、首の後ろにケーブルをまわせば運動や歩行の邪魔にならず、自由に動きながら音楽を聴くことができます。

 

小さなボディにマイク付リモコンを搭載しており、音楽の再生/一時停止、曲送り/曲戻し、ボリューム調整などの操作や、スマホと連携してハンズフリー通話が可能。バッテリーも内蔵し、2時間の充電で約5.5時間使用できます。IP64相当の防水構造になっているので、ちょっとした雨や運動中の汗にも耐えられます。

20160923-i06(2)
↑マイク付きリモコン搭載

 

また、4種類11ペア(計22個)のイヤーピースと3サイズのイヤーハンガーが付属するので、自分の耳に合わせて最適な装着感を得ることもできます。イヤーピースは、遮音性の高いクローズドタイプ2種と、運動中の使用に適したセミクローズドタイプ2種を用意。用途に応じて付け替えられます。

20160923-i06(3)
↑付属するイヤーピースとイヤーハンガー

 

気になる音質は、低音が効いたノリのよいサウンドで、ポップスやEDMなどダンスミュージックを楽しく聴けます。音質がとても優れているわけではないのですが、通勤・通学や運動中のリスニング、動画やゲーム用ならば満足できるはず。また、この自由な装着感は、一度体験すると元には戻れないほど軽快です。ぜひ試してみて下さい。

 

迫力のサウンドが楽しめるワイヤレスヘッドホン

外でも音質にこだわって音楽を聴きたい人にオススメなのが、米国の人気ブランド・スカルキャンディのBluetoothヘッドホン「Grind Wireless」。イヤホンでは味わえない、臨場感のあるサウンドを楽しめます。実売価格は1万2000円前後。

20160826-i02 (3)

極薄メタル素材のヘッドバンドを採用し、人間工学に基づいて計算された高いフィット感が特徴。独自に開発した40mm径ドライバー「REX40」により、広いダイナミックレンジを実現。また、独自にチューニングされたオーディオプロファイルで、ディープで躍動感のある低音やピュアな高音、ナチュラルなボーカルを再生します。

20160826-i02 (2)

右のイヤーカップに内蔵されたマイクにより、スマホ接続時にはハンズフリー通話が可能。カップの外側に付いているボタンで電話の発受信、再生・停止、トラッキングおよび音量調節などを操作できます。内蔵バッテリーで約12時間の使用が可能。有線接続にも対応しています。

20160826-i02 (1)

本体はとにかく軽く、ワイヤレス仕様と相まって、とても軽快に装着できます。カラーもシックなタイプからポップなものまで全6色を揃えており、好みのデザインを選ぶことができます。

 

液晶割れを防ぐiPhoneケース

過去に一度でもiPhoneの液晶ガラスを割ったことがある人には、MiraiSell(ミライセル)のiPhone 7用ケースがオススメです。このケースは、4つの液晶割れ防止機能により、iPhoneを様々な衝撃から守ってくれます。

20160923-i06 (5)

まず、3種類の硬度が異なる樹脂を組み合わせた芯材を備えた「衝撃吸収加工蓋」が液晶をガード。厚さ1.2mmのTPU素材による「フルサイドガード」が、iPhoneの側面や液晶の縁を守ります。さらに、「フロントエッジ加工」された内ケースと、「コーナーL字加工」により、落下時の液晶への直接の衝撃を防ぎます。

 

表面素材は、強化ナイロンやレザー、スエード調などをラインナップ。フラップ部分は、右利き向けの「左開きタイプ」や、左利き向けの「右開きタイプ」、どちらにも対応する「縦開きタイプ」の3種類から自分にあったものを選べます。

20160923-i06 (6)
↑左から、「右開きタイプ」、「縦開きタイプ」、「左開きタイプ」

 

20160923-i06 (14)
↑左から「ハードレザーケース」「ツートンレザーケース」「スエードハイブリッドケース」

 

iPhoneをしっかり守ってくれる機能性に加え、デザインやカラーのバリエーションが豊富なのもうれしいですね。

 

なめらかな曲線と豊富なカラーが人気のiPhoneケース

iFace First Classシリーズは、女性のSラインをイメージしたなめらかな曲線が特徴的なiPhoneケース 。その独特の形状が手にフィットし、とても持ちやすく操作時の安定感が増します。ポリカーボネートとTPUの2つの素材を組み合わせて使用し、iPhoneをキズや衝撃からしっかりガードしてくれます。カラーバリエーションは全11色をラインナップ。iPhone 7用とiPhone 7 Plus用の2サイズを用意しています。

20160923-i06 (8)

本体下部にはストラップホールを備え、好きなストラップをつけてカスタマイズも可能。ケースをつけたまま充電やカメラでの撮影も行えます。

20160923-i06 (9)

 

液晶をしっかり守るガラスタイプのスクリーンプロテクター

新しいiPhoneを手に入れたら、まず最初に装着しておきたいのが液晶を保護するフィルムやプロテクターですね。なかでもガラスタイプのものは、iPhoneの美しい画質をそのまま楽しめる高い透明度と、キズや汚れからしっかり守ってくれる保護性能が人気です。

 

クリスタルアーマーの「ガラスフィルム」シリーズは、高い強度の強化ガラスを採用し、iPhoneの液晶画面をしっかりガードしてくれます。また、汚れが気になりにくい「指紋防止」機能や、万が一の際にもガラスが飛び散らない「飛散防止」機能を備え、快適に使用することができます。

20160923-i06 (10)

用途や好みに応じ、「覗き見防止」「アンチグレアブルーライトカット」「ラウンドエッジ」「PAPER THINラウンドエッジ」など様々なタイプをラインナップ。さらに、画面全面を保護する「フルフラット」タイプも選べます(PAPER THINを除く)。

 

機種変のときのデータ移行にも使える外部ストレージ

サンディスクの「iXpand Slimフラッシュドライブ」は、Lightning端子とUSB端子を備えた外部ストレージ。ストレージ容量16GB/32GB/64GB/128GBの4モデルをラインナップし、手持ちの機種に合ったモデルを選ぶことができます。専用アプリを使ってiPhoneやiPadのデータをバックアップでき、パソコンなどへデータを自由に移動可能。iPhoneのストレージ不足にお困りの方にピッタリのアイテムとなっています。

20160923-i06 (12)

写真/動画/音楽ファイルのバックアップのほか、電話帳などの移行も可能で、機種変更時のデータ移行にも利用できます。本製品に保存した動画を、iPhoneやiPadで直接再生することもできるので、iPhoneの内蔵ストレージを節約するのにも役立ちます。

20160923-i06 (13)

iPhoneはSDカードなどでメモリー容量をあとから追加できないため、容量が足りなくて困っている方も多いでしょう。そんなときには、iXpand Slimフラッシュドライブのような外部ストレージを利用して、データを上手に管理しましょう。

 

iPhone 7に機種変更を検討されている方は、今回ご紹介したアクセサリーもご一緒にどうぞ!

 

iPhoneケース・アクセサリ特集サイトはコチラ

 

協力:楽天市場