ショッピング
2016/10/28 19:00

高級モデルとお手ごろモデルはどっちが買い!? 電気シェーバー選びの基礎知識

身だしなみが完璧な“デキる男”を目指すなら、毎日のヒゲの手入れは不可欠。その際、場所を選ばず短時間で剃れる電気シェーバーがオススメですが、価格がピンキリでどれを選んでいいかわからない人も多いと思います。そこで本記事では、電気シェーバーの選び方や使い方を指南。加えて、主力3社のハイスペックモデルとエントリーモデルの特徴もご紹介します!

↑パナソニックのラムダッシュ「ES-LV9B」
↑パナソニックのラムダッシュ「ES-LV9B」

 

まずは、電気シェーバーについて基本的な知識を身に付けましょう。

Q.T字カミソリとシェーバーの違いは?

T字カミソリは深剃りできるため、「ヒゲの濃い人」向き。ただし、肌への刺激が強く、人によっては肌がヒリヒリしたり、キズつけてしまうことも。また、ウェットシェービングが基本なので、剃る前に洗顔したりシェービング剤を使用したりと、準備に時間と手間がかかります。T字カミソリ自体は1000円台で購入できるため初期費用を抑えられますが、刃の交換頻度(目安)が1週間に1度と電気シェーバーよりも高く(電気シェーバーは1年~2年程度)、ランニングコストがかかります。

 

一方で、電気カミソリはT字カミソリに比べて肌への負担が軽く、「肌の弱い人」向き。また、肌を濡らしたりせずにすぐにヒゲを剃れるので、忙しい朝などには助かりますね。技術の進歩により深剃り性能は年々向上していますが、T字カミソリほどしっかり深剃りはできないため、ヒゲが濃い人にはやや不向きです。また、細かいところを剃るのも苦手。T字カミソリに比べて価格は高めですが、ランニングコストを考えると、こちらの方がお得になる場合もあります。

 

Q.シェーバーの高いものと安いものは何が違うの?

メーカーによっても異なりますが、主な違いは使われている刃の枚数や、付属品の数、利用できる機能の有無などになります。上位モデルは各社が独自の技術を投入して、肌へ負担をかけにくい構造や、深剃り性能を追求しており、使い心地が優れた製品が揃っています。

 

また、上位モデルでは、ヒゲを剃ること以外にも様々な付加価値を付与されています。例えば、電気シェーバーは剃ったヒゲが内部にたまっていく仕組みのため、定期的に内部を洗わなければいけませんが、上位機に付属する「自動洗浄機」があれば、剃ったあとにセットしておくだけで常に清潔に保ってくれ、メンテナンスが楽になっています。また、製品によっては、細かい部分やもみあげなども手入れできる「アタッチメント」などが付くことも。

 

シンプルにヒゲを剃るだけなら低価格のものでも十分ですので、それ以外の機能や付属品に価値を見いだせるかどうかが、製品を選ぶ基準になります。

 

おすすめモデルはコレ!

それでは、ゲットナビ編集部のおすすめモデルを紹介していきましょう。まずは、最新の機能が詰まったハイスペックモデル3製品です。

 

ハイスペックモデルその1

自在に動く5枚刃ヘッドが肌にやさしく密着!

20161024_ble1_02

パナソニック

ラムダッシュ ES-LV9B

実売価格5万4171円

ヘアライン仕上げのメタルボディを採用した5枚刃モデル。ヘッドが前後/左右/上下に動く「3Dアクティブサスペンション」の前後の可動域を従来品から約15%拡大し、顎下の凹凸へさらにやさしく密着します。肌への摩擦を低減する「スムースローラー」を搭載。

 

【SPEC】

●本体サイズ/質量:W75×H170×D60mm/約220g●充電時間/使用可能日数:1時間/約14日間(1日1回約3分間使用した場合)●自動洗浄機:付属●本体水洗い:対応

 

20161024_ble1_03

↑持ち手の部分には、バッテリー残量や使用時間などを表示するディスプレイを装備。バッテリー残量が少なくなったら音で知らせてくれる機能も便利です

 

 

ハイスペックモデルその2

肌への負担を抑えて滑らかに深剃り

 20161024_ble1_04

フィリップス

Shaver series 9000 ウェット&ドライ電気シェーバー

S9551/26

実売価格4万8373円

8方向に可動する輪郭検知ヘッドと、ヒゲを最適なカット位置に導く「ダブル V トラック刃」を搭載。ヘッドが肌にピタッと密着し、滑らかな深剃りを実現します。口ヒゲやもみあげの手入れに便利な着脱式トリマーが付属するのも特徴です。

 

【SPEC】

●本体サイズ/質量:W59×H164×D70mm/168g●充電時間/使用可能時間:約1時間/約60分●自動洗浄機:付属●本体水洗い:対応

 

20161024_ble1_05

↑3つのシェービングヘッドがやさしく密着。肌への負担を抑えながら、スッと滑らせるだけでしっかり剃れます

 

 

ハイスペックモデルその3

1ストロークでくせヒゲも逃さずシェービング

 20161024_ble1_06

ブラウン

シリーズ9 9295cc

実売価格5万2164 円

ヘッドに「ハイブリッド5カットシステム」を搭載。寝ているヒゲやくせヒゲもより効率的に一度で剃りきることで、肌への負担を抑えます。また、同梱の自動洗浄機を利用すれば、ヘッドを99.99%除菌できるアルコール洗浄が可能です。

 

【SPEC】

●本体サイズ/質量:W168×H66×D44mm/210g●充電時間/使用可能時間:約1時間/約50分●自動洗浄機:付属●本体水洗い:対応

 

20161024_ble1_07

↑「ハイブリッド5カットシステム」のイメージ。ヒゲの向きを問わず根元から剃る「ディープキャッチ網刃」(写真内①)などの異なる機能を持つパーツで構成されています

 

高コスパなエントリーモデル

続いて、お手軽価格ながら、防水機能や海外電圧対応などの特徴を持ったエントリーモデル3製品を紹介します。

 

エントリーモデルその1

電源プラグを内蔵するから出張や旅行に便利!

20161024_ble1_08

パナソニック

ES-RP30

実売価格6620円

コンパクトな2枚刃シェーバー。本体に電源プラグを内蔵しているため充電器を使うことなくチャージ可能で、出張や旅行の際に便利です。また、刃先の角度を30°まで鋭角化した内刃によって、硬いヒゲもスムーズに深剃りします。

 

【SPEC】

●本体サイズ/質量:W61×H114×D31mm/約140g●充電時間/使用可能日数:10時間/約7日間(1日1回約3分間使用した場合)●自動洗浄機:なし●本体水洗い:非対応

 

20161024_ble1_09

↑収納式の電源プラグを下部に内蔵。AC100~240Vの電圧に対応しているので、海外で充電して使えます

 

 

エントリーモデルその2

シェービング剤が使える完全防水シェーバー

 20161024_ble1_10

フィリップス

AquaTouch ウェット&ドライ電気シェーバー

AT883/16

実売価格8607円

完全防水なので、ジェルなどのシェービング剤を利用して肌をいたわりながら使えます。2枚構造の内刃でヒゲを根元から引き上げて深剃りするのも特徴。また、丸みのあるシェービングヘッドは密着性に優れているため、肌が荒れにくいです。

 

【SPEC】

●本体サイズ/質量:W59×H156×D74mm/174g●充電時間/使用可能時間:約1時間/約50分●自動洗浄機:なし●本体水洗い:対応

 

20161024_ble1_11

↑本体を丸ごと水洗いできるため、メンテナンスはラク。シャワーを浴びながらシェービングすることも可能です

 

 

エントリーモデルその3

効率的に剃れる「マイクロコーム」が秀逸!

 20161024_ble1_12

ブラウン

シリーズ3 3080s

実売価格9968円

ヘッドの中央のトリマーに、様々な方向に生えるヒゲを一方向に揃える「マイクロコーム」を搭載。より効率的にヒゲを取り込むことができ、肌にやさしい深剃りを実現します。3つの刃がそれぞれ独立して浮き沈みし、より肌の曲面への密着感が良好に。

 

【SPEC】

●本体サイズ/質量:W57×H156×D48mm/220g●充電時間/使用可能時間:約1時間/約45分●自動洗浄機:なし●本体水洗い:対応

↑水深5mでも使用できる防水設計で、水洗いが可能。シェービング剤の使用や浴室での利用もOKです
↑水深5mでも使用できる防水設計で、水洗いが可能。シェービング剤の使用や浴室での利用もOKです

 

上記の情報を参考に、自分に合った電気シェーバーを探してみて下さい!

 

協力:楽天市場