ショッピング
2016/10/31 13:00

バックパック愛好家が徹底指南! ネット上で爆売れ中のサンワサプライのスクエアバックが本当に“買い”な理由

近年はデジタル製品の普及により、社外で仕事をする人が増えてきました。そんな背景からノートPCやタブレットを持ち運ぶ人が急増しており、ON/OFF問わず使えるバックパックの需要が高まっています。

 

なかでも、日本最大級のショッピングサイト「楽天市場」で安定した人気を得ているのが、サンワサプライから販売されているスクエア型バックパック「200-BAGBP009BK」です。実用的な機能を多数搭載しながら、1万円を切るハイコスパのため人気が集中。バックパックの人気ランキングでも常に上位に食い込んでいるヒット商品です。

 

20161027-a11 (1)

サンワサプライ

スクエアバックパック「200-BAGBP009BK」

6980円

 

【SPEC】

カラー:ブラック/オレンジ

サイズ:W31.0×H52.0×D17.0mm

重量:1120g

メイン収納部:ノートPC用ポケット×1、タブレット用ポケット×1、ファスナー付ポケット×1、小物ポケット×2

フロント部:フロントポケット×2、小物ポケット×1

上部:小物ポケット×1

側部:小物ポケット×1

 

しかし、ネット上で人気の商品が必ずしも実用性に優れているのかというと疑問なところ。実際にも、レビューの数は多いのに評価がイマイチという商品も少なくはありません。そこで今回は、GetNavi webが誇る生粋のリュッカー二人に、バックパックを購入するときにどのようなポイントを重視しているのかきいてみました。はたして、ネット上で人気のサンワサプライのバックパックは、リュッカー二人が重視するポイントを満たしているのでしょうか。

 

【1人目】

編集部イチのバックパック愛用者

user_yamada

GetNavi web編集長 山田

他の形のバックを使っているところを見たことがないというほどのバックパック愛好家。ビジネスにも使えるフォーマルなものを好む。家には常に「仕事用」「お出かけ用」「災害時避難用」の3つのバックパックが用意してあるらしい。

 

<フォーマル系・山田が重視するポイント>

その1)持ち手の部分がしっかりとしているか

20161027-a11 (10)

⇒4本の指がしっかりと通る安定したつくり

いまではモバイル端末を持ち歩く機会が増え、さらに弁当や水筒などを入れるとそれなりの重さになります。バックパックは肩に背負うことを前提に作られているので、持ち手の部分はおろそかにされがちです。4本の指でしっかり持つことができて強度もしっかり確保されていれば、安心して使うことができます。

 

その2)ショルダーベルトがずり落ちてこないか

20161027-a11 (7)

⇒クッション性とフィット感を備えた太めのショルダーベルトを搭載

ショルダーベルトはスムーズに長さ調整できるものが便利に思われがちですが、すぐに長さが変わってしまったりバックがずれ落ちてしまったりと、何かと不便なことが多いです。ベルトの素材がしっかりしていて、ずり落ちにくい形状をしていると快適に使用できるでしょう。落下防止のためのチェストベルトが付いていればなお良し!

 

その3)メイン収納部へのアクセスはどうか

20161027-a11 (2)

⇒タブレットポケットにも直結したサイドファスナーを搭載

コンビニのレジなどで、財布が見つからずにモタモタしてしまった経験はありませんか? 盗難防止のために財布や貴重品はメインの収納部に入れることが多いので、片方の肩に背負ったままダイレクトにメイン収納部からものが取り出せるポケットがあると、とても重宝します。

 

【2人目】

GetNaviが誇るファッションリーダー

ファッション&スポーツ系担当ライター 本間

これまで、Supreme(シュプリーム)のバックパックをいくつも背負いつぶしてきたと豪語するファッションマニア。ストリート系のカジュアルな着こなしをもっとも得意とする。本人いわく、最近はスニーカー専用の収納スペースを設けたバッグブランド・シュラインがアツイらしい。

 

<カジュアル系・本間の重視するポイント>

その1)防水対策はされているのか

⇒止水ファスナー+耐水生地で雨の日も問題なし

バックパックを背負いながら傘をさしていると、どうしてもバックが濡れてしまいますよね。特に最近ではデジタル製品を持ち歩く人が多いので、防水対策は必須ではないでしょうか。耐水生地だけでは心許ないので、止水ファスナーまで搭載されていれば安心ですね。

 

その2)使われている素材に耐性はあるか

⇒汚れや摩擦にも強い特殊加工を施行

いくら防水対策がされていても、生地自体の強度が弱いと防水性能も半減してしまいます。本製品にはカーボンPUコーティングが施されているので、雨や汚れだけでなく耐摩擦性にも優れているので問題ないでしょう。

 

その3)メイン収納部の重量バランスを調整できるか

20161027-a11 (5)

⇒計5つの収納スペースを活用して荷物を分散

メイン収納部の一番大きいスペースに荷物が集中して、重さが偏ってしまうと肩やバックに大きな負荷がかかってしまうのだとか。メイン収納部にも多くの収納スペースがあれば、重さを前後左右に振り分けることができるので、負荷を分散させることができます。

 

山田は実用性、本間は機能性を重視していたとおり、バックパックへのニーズは人によってさまざま。そんな二人が重視するポイントをしっかりとクリアしているサンワサプライのスクエアバックパックは、“買い”の商品といえるでしょう。なお、サンワサプライからは他にもいくつかのバックパックが販売されていますが、こちらの「200-BAGBP009BK」はweb限定の商品。コスパに優れたバックパックをお探しの人は、ぜひ選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

 

製品の詳細はコチラ

 

【URL】

サンワダイレクト楽天市場店 http://www.rakuten.ne.jp/gold/sanwadirect/

 

協力:楽天市場