ショッピング
2016/11/5 12:18

半年使ってわかった“薄さ”と“収納力”の絶妙さ――レディオアオーダー「MOTHER ZERO」はメイン財布に最適!

普段はプロアングラーとして全国の海や川を飛び回っている僕が、約半年程前にホン・モノ・ケイカクで2種類の財布を購入。以来、それぞれをメイン財布とサブ財布に使い分けてきました。

 

僕は以前から長財布を使っていたのですが、使っていくうちに自然と増えていくカードで長財布自体が膨れていき、かさばるし重いし、何か良い財布はないか……とホン・モノ・ケイカクで財布を探していました。そのとき、メイン財布とサブ財布の使い分けを思いつき、使用用途別に2種類のお財布を購入したのです。

 

今回は、皆さんと同じいちユーザー目線で、自分が半年間使用してきたメイン財布「MOTHER ZERO」からインプレさせて頂きます!

 

カード収納枚数が生むスリムボディ

「MOTHER ZERO」(以下、MZ)には7枚のカードを収納できるスペースがあり、僕はそれぞれのスペースに1枚ずつ、免許証、保険証、Suica、クレジットカード、キャッシュカード、良く行くコンビニ、スーパーのポイントカードを入れて持ち歩いています。

 

MZを使っていくうちにわかったのですが、7枚というカードの収納枚数こそが、この長財布をスリムボディな形状に仕上げられる理由だったんです。

 

実際、日常使いや仕事に出かける際は必要最低限のカードと少しのお金が入れば良いので、普段使いにピッタリな財布でした!

 

ちなみに、自然と増えていく会員証等のカードは、次回インプレさせて頂く「サブ財布」に収納するようにしました。

 

デザインの良さとカラーバリエーション

バリエーションに富んだ色の組み合わせも魅力です。購入したカラーは、一番気に入ったワイン×ブラックを選択しました。

20161104_honmono1_01
↑選べるカラーは全7色

 

僕の使用しているMZは購入当初の頃と比べ、だいぶ味のある色合いへと変化してきました。馬革という生地の特性なのか、最初はキズが付きやすかったり、色が褪せやすいようにも思えました。しかし、使い込んでいくほど、表面につやが生まれて来て愛着も沸いてきました。

20161104_honmono1_02
↑シンプルなデザインと特注馬革のしっとりとした手触りの良さも、気に入っている点

 

考え抜かれた設計

MZを開くと、3枚のカード収納部の裏に挟んだ紙幣やレシート、チケットなどが飛び出さないよう、押さえられる便利なタブが装備されており、自分はココに、買い物をした際の領収書を挟んでいます。

 

金銭管理の為に家計簿のような物をつけているのですが、領収書を失くさずに管理できるので助かっています。他にも紙幣を挟んだり、買い物用のメモを挟んだり、一時的なクリップのような形で、人それぞれな使い方が出来る便利機能です。

20161104_honmono1_03

 

硬貨収納部のファスナーの滑りも良く、スライダーの指のかかりが絶妙! ストレスなくファスナーを開閉できる点なども、細部まで拘って作り込まれているのを感じます。
20161104_honmono1_04

 

紙幣収納部が2つに分かれていて紙幣の種類に応じて使い分けができたり、硬貨収納部の裏側には隠しポケットがあったり。コンパクトなフォルムの中に、長財布としての機能、収納力を最大限詰め込んであることを実感しています。

20161104_honmono1_05

 

ジャストサイズな長財布

さて、スリムなフォルムの中に、見た目以上の機能と収納力があることは、おわかりいただけたでしょうか?

 

軽くて薄くて使いやすい、ジャストサイズな長財布。高いコストパフォーマンスも魅力です。

20161104_honmono1_06

ライトな感覚で使える長財布をお探しの方は、この「MOTHER ZERO」はぜひ候補に入れるべき財布だと思います。僕は購入後半年が経った現在もストレスなく愛用しているので、自信を持ってオススメできる財布です!

 

次回は、使い分けていたお財布のもうひとつ、サブ財布の「ツイルドカーボン ギャルソン長財布」についてのインプレをお届けさせて頂きます!

 

【仕様】

●サイズ W185×H95×D10mm ●重さ 132g ●カラー 7色展開(ネイビー×ショッキングピンク、ターコイズ×ライトグレー、チョコ×ターコイズ、Aグリーン×Dブルー、オレンジ×ネイビー、ターコイズ×Sピンク、ワイン×ブラック) ●素材 ホースレザー ●価格 24,840円(税込)

 

この商品の詳細はコチラ

 

【著者プロフィール】

鈴木良幸

幼少期の頃に父親の影響で釣りに目覚め、今年で釣り歴20年。 日本全国釣行脚を目標に掲げ、海川問わずに全国のフィールドを日々駆け回る。 ジャンプライズ、アングラーズデザイン、スタジオコンポジット等、数々の有名釣り具メーカーのフィールドテスターを務める、貴重な若手プロアングラー。