スポーツ
バスケ
2020/2/19 21:00

バッシュの既成概念を壊した一足も――コービー・ブライアントの軌跡を「象徴的なアイテム」とともに振り返る

1月、一人のNBAスーパースターがこの世を去った。訃報を悲しむ各界からの声は、どれだけコービー・ブライアントというバスケットボールプレイヤーが愛されていたかを証明している。不慮の事故により命を落としたロサンゼルス・レイカーズの#24が与えた影響は計り知れない。今後、彼のレガシーは多くの人によって語り継がれていくことになるだろう。

 

コービーはドラフト全体13位指名を受け、シャーロット・ホーネッツとのトレードでレイカーズに入団した。1996-1997シーズンのデビューシーズン、史上最年少でスラムダンクコンテストに優勝し、その名を知らしめたコービーは、2年目ですでにスター選手クラスの人気を獲得。ベンチ選手ながらも異例のオールスター選出および先発出場を果たす。それから、シャキール・オニールと王朝を築き上げて以降、ブラックマンバ(※コービーの愛称)は史上最高峰のバスケットボーラーとして数々のハイライトをNBAの歴史に刻んだ。

 

本稿では、そんなコービー・ブライアントの軌跡を彼の象徴的なアイテムとともにプレイバックする。

 

【1】

ルーキーイヤーからの10年間をともにした背番号「8」

 

ミッチェル&ネス

レイカーズ コービー・ブライアント #8 オーセンティックジャージ

実売価格5万6200円

デューク大学進学から心変わりし、1996年にNBAへのアーリーエントリーを表明したローワー・メリオン高校のエース。それが、後のレジェンドとなるコービー・ブライアントだった。アレン・アイバーソンやステフォン・マーブリー、レイ・アレンら錚々たるスター選手が名を連ね、史上最も豊作と言われる年に全体13位でシャーロット・ホーネッツからの指名を受けたコービーは、「レイカーズでプレーできなければ大学に進学する」と当時のレイカーズGMを説得し、見事ブラデ・ディバッツとのトレードでレイカーズ入団することとなった。「8」は、彼がルーキーイヤーから2005-06年シーズンまでの10年間をともにした背番号。3連覇、伝説の81得点を成し遂げた際にも他でもない、この「8」を背負っていた。

 

【2】

数あるシグネチャーモデルの中でも至高の1足

 


NIKE(ナイキ)

ZOOM KOBE 4 PROTRO UNDEFEATED

実売価格49500

コービーの数あるシグネチャーモデルの中でも、コービー4は“名作”と形容される一足だ。コービー4が誕生したのは2008年12月。これまでミッドカットを貫いてきたシリーズで初めてローカットを採用した同モデルは、「足首を保護する必要がある」というバスケットシューズの既存概念を覆し、シーズンを通してコービーの高いパフォーマンスをサポートした。マディソン・スクエア・ガーデンでの61得点、3度目のオールスターMVP、7年ぶりのNBA制覇、悲願のファイナルMVP。これらの功績は、すべて同モデルとともに成し遂げたものだ。

 

【3】

復帰するマンバのためにナイキが用意した超ハイカット

NIKE(ナイキ)

KOBE 9 ELITE PREMIUM WHAT THE KOBE

実売価格5万円(中古)

2013年4月12日、コービーはゴールデンステート・ウォリアーズとの一戦でアキレス腱断裂の大怪我を負ってしまった。当時34歳、キャリア終盤に選手生命を絶たれる可能性さえあった一大事故には、さすがのコービーもショックを隠しきれなかった。それから8ヶ月後、復帰するマンバのためにナイキが用意したシグネチャーがコービー9である。これまでローカットが多かったシリーズに突如して現れた超ハイカットモデルは、バスケットシューズとして史上初めてフライニットを搭載。また、アウトソールには、プレー中にコービーの足にかかる圧力計測のデータに基づいたデザインを採用するなど、ナイキが誇る技術の全てが凝縮された一足となった。

 

【4】

引退試合で60得点! レジェンド最後のモデル

NIKE(ナイキ)

KOBE 11 Elite Low 4KB “Pale Horse”

実売価格6万6000円

「親愛なるバスケットボールへ」。コービーは2015年11月29日、バスケットボールへの感謝を告げ、引退までのカウントダウンを開始した。多くのバスケットボールラバーたちに花道を飾られて迎えたレギュラーシーズン最終戦。ユタ・ジャズを相手に、残り2分30秒で10点ビハインドの状況のなか、コービーは1人ゾーンに突入した。そこから怒涛の連続13得点を記録し、引退試合で60得点の大台に乗せ、自ら劇的な逆転勝利の立役者となったのだ。そして、「Man!!(よぉ!!)」から始まり「Manba Out.」で終わる感動のスピーチを最後に、レジェンドはコートを去った。これほど素晴らしい引退が、未だかつて存在しただろうか。無論、その時に着用していたモデルこそ、このコービー現役最後のモデルであるコービー11である。

 

協力:楽天市場