文房具
2017/1/19 16:00

【DIY女子必見】プロ顔負けの“可愛いすぎる工具”が話題ーークマやサイが驚きの姿に変身!

可愛い雑貨はあっても、なかなか“可愛い工具”を見つからないもの……。そんな不満も、雑貨屋「MelBon」なら解消できてしまう。いまTwitterをはじめとしたSNSでは、同店の工具が「可愛い見た目からのギャップがすごい」と話題になっている。

出典画像:「雑貨屋MelBon」公式ホームページより(以下:同)

 

動物がモチーフの“可愛い工具”とは?

日々の生活を愉快で楽しく便利にする雑貨を取り扱う、雑貨のセレクトショップ「雑貨屋MelBon」。同サイトでは台湾やフランスから仕入れた珍しい雑貨を扱っており、今回話題になっているのは台湾の工具メーカー「iThinking」が製造する、インテリアにもなる動物モチーフの工具だ。なかでも、切り株に乗ったフクロウ、氷山に乗ったペンギン&クマの3種類のドライバーが話題になっている。

 

フクロウは切り株に、ペンギンは氷山に乗った状態で置き物としても可愛い一品。切り株と氷山部分はドライバーヘッドの収納ケースになっていて、種類&サイズ別に8本が入る作りになっている。本体のお尻部分がマグネット付きのグリップになっていて、そこにドライバーヘッドを挿して使う仕様だ。

 

そして、クマのドライバー「Bear Papa」。頭・胴体・足の3構造になっていて、頭部分がグリップに、足部分がドライバーヘッドの収納ケースになっている。こちらも種類・サイズ別に6本のドライバーヘッドが収納可能だ。見た目の可愛さからは想像できない変わり様に、「ギャップありすぎでしょ!」と驚愕の声も見受けられた。

 

なお、「Bear Papa」にのみ、他の動物のドライバーには搭載されていない「ラチェット」と呼ばれる機能を搭載する。自転車のベタルのように動作方向を一方向に制限することが可能で、ネジを締めるときに緩める方向へ空回りさせることで、握っている手を離さず快適にネジを締めることができるのだ。

 

“可愛い工具”はバリエーションも豊富!

同サイトでは他に、サイがモチーフのハンマー「ライノハンマー」も販売されている。一見するとハンマーとは思えない可愛らしい形だが、頭部分がハンマーのヘッドに。さらに、ゴールドに輝く角が付いており、グリップ部分は伸縮可能な設計だ。インテリアとしても申し分ないハンマーに、「こんなに可愛いハンマー使うのもったいない!」と反響の声が上がっている。

 

工具を製造する「iThinking」は、プロの工具メーカー「KING TONY」から独立してできた会社。そのため品質にもこだわっていて、プロ顔負けの仕様も見逃せないところ。インテリアとしても、工具としても優秀な「iThinking」の工具を、この機会にぜひ使ってみてはいかがだろう。

TAG
SHARE ON