文房具
2017/2/10 11:40

『マツコの知らない世界』マステ特集で注目が集まる? 塗り絵ができるマスキングテープが話題に!

2月7日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)で「マスキングテープの世界」と題し、さまざまマスキングテープが紹介された。すると、自社製品が紹介された会社がさらに「塗り絵ができるマスキングテープ」をTwitterで紹介し、SNSなどネット上では関心をよせる声があがっている。

出典画像:キングジム公式サイト「マスリエ」より(以下:同)

 

塗り絵ができるマスキングテープ

マスキングテープはもともと、塗装をする際に該当箇所以外を汚さないようにするために開発された。作業後には剥がすことが想定されているので粘着力が弱い特徴がある。そのため、いまではラッピングやデコレーションに使用されるケースも多い。

 

さまざまな使い方があるマスキングテープだが、『マツコの知らない世界』ではオシャレで可愛いマスキングテープから、「キリトリ線」柄のもの、「原稿用紙のマス」柄のものなど面白いものも紹介された。すると、自社製品が紹介されたキングジムが反応。Twitterで「マスリエ」という商品の紹介を始めたのだ。

 

「マスリエ」はマスキングテープを使って塗り絵をするというもの。「マスキングテープでぬりえ」の略で、動物、人、建物などの輪郭だけ書かれた透明なシールが同封されている。使い方は、「マスリエ」シールの上に色や柄のついたマスキングテープを貼って、シールの形に添ってカッターで切り剥がす。すると、透明のシールに色が付くというあんばいだ。

 

この新たなマスキングテープの使い方には「うわーやってみたいこれ!」「こっちもテレビで紹介してほしかったなぁ」「めちゃめちゃカワイイ!」「私やってみたけど結構難しいよこれ、でも面白い!」といった声があがっている。

 

オシャレに進化するマスキングテープ

現在販売されているマスキングテープの柄は無数にある。色や、柄が印刷されているだけではなく、文豪の顔が印刷されているもの、名前シールのようになっているものから、形そのものがクローバーの葉や、桜の花びらになっているものまで。ちなみに『マツコの知らない世界』で紹介されたキングジムの商品は、あらかじめテープが小さく切り離されている「小さく持てるマスキングテープ」だ。

 

番組内ではマスキングテープ大好き女性が登場し、マツコがドン引きしていたシーンもあったが、マニアが多く実用性も高いため、市場は予想以上に大きいのかも?