文房具
2017/3/31 17:00

瞬間接着剤を○○につけると超危険! セメダイン公式Twitterの注意喚起&豆知識が大反響

手に付着するとやっかいなことにもなりかねない瞬間接着剤。実は、とあるシチュエーションで体についてしまうととても危険なことになるようだ。最近では、「セメダイン」の公式Twitterが注意喚起と豆知識を披露したことが大きな話題となっている。

 

出典画像:セメダイン公式サイトより
出典画像:セメダイン公式サイトより

 

瞬間接着剤を軍手につけると危険!

3月13日、とあるTwitterユーザーがセメダインの瞬間接着剤を軍手につけてしまったところ、高熱を感じて火傷しそうになったとツイート。すると、それに反応したセメダインの公式アカウントが「瞬間接着剤は、繊維に染み込むと、化学反応が急激に促進され火傷をするほどの高熱を発します」と返信したのだ。

 

軍手などの染み込みやすい素材は瞬間接着剤が発熱しやすいため、セメダインのアカウントはポリエチレン製など、染み込みにくい素材の手袋を使うことを推奨。ちなみに、紙や布など染み込みやすい素材に瞬間接着剤を使用したいときには、染み込みにくいゼリー状の接着剤を使えばOKだという。

 

軍手に瞬間接着剤を付けてしまったというTwitterユーザーはその後「セメダイン、ではなく、アロンアルファの間違いでした。すいません!」と返信していたが、セメダインのアカウントいわく「当社の瞬間接着剤も、アロンアルファさんも、布や紙に大量に付着すると発熱・発煙する危険性があるのは同様なのです」とのこと。

 

役立つ豆知識が続々と判明!

注意喚起のツイートが「これは勉強になった」と1万リツイート超えの大反響を呼ぶと、セメダインのアカウントは他にも瞬間接着剤の豆知識を披露した。接着剤が指についてしまうというありがちなトラブルの際には、無理やり剥がさずにぬるま湯の中でしばらくモミモミするのがベスト。人の皮膚は程よい水分と温度、そして柔らかさを兼ね備えているため、瞬間接着剤が最もくっつきやすい場所なんだとか。

 

ほかにも、瞬間接着剤なのに「瞬間」でくっつかない時には吐息などで湿気を与えるのが有効。湿気で硬化するタイプの接着剤は空気が乾燥するとくっつくのが遅くなってしまうのだ。そのため、多めに塗ってすぐに貼り合わせるのも湿気が入り込みにくくなるのでNG。10円玉サイズに一滴が適量だそう。

 

これに負けじと、セメダインと間違えられてしまったアロンアルフアも公式サイトで面白い豆知識を披露。なんと瞬間接着剤をつかった部分にタバコの煙を吹きかけると、ニコチンの作用で早く接着できるらしいのだ。

 

ちなみに、アロンアルフアの最後の「ア」は大文字が正解。また、アメリカでは「Krazy Glue」というブランド名で販売されている。残念ながらセメダインのツイートでは「アロンアルファ」と表記されていたが……。

TAG
SHARE ON