文房具
2017/5/15 17:30

クレヨンメーカーが新しい青色の名前を募集! 「クッキーモンスター」「偶然ブルー」などアイデアが続々

「レモンイエロー」「鶯色」「バイオレット」など色の名前には様々なものがあり、特徴をうまく表現しているネーミングに感心させられることも多い。そしてこの度、アメリカのクレヨンメーカー「クレヨラ」が新しい色のクレヨンの名前を募集したことから、ネット上では続々とユニークなアイデアが上がっている。

出典画像:「Crayola」公式Twitterより。
出典画像:「Crayola」公式Twitterより

 

名付け親になりたい人からアイデアが続々と登場!

2009年にオレゴン州立大学の研究チームが新しい青色「YInMnブルー」を偶然発見した。クレヨラはこの色をクレヨンとして発売するにあたり、色の名前をホームページ上で募集。色の特徴としては、紺色や藍色に近い深みがあることや、ショッキングカラーのような主張の強さも併せ持っていることがあげられ、「完璧に近い鮮やかな青色」ともいわれている。一般公募で名前を決めるというこの試みに、ネット上では「色の名付け親になれるなんて素敵!」といった声が見受けられた。

 

実際に名前を考えている人も多いようで、「シンプルにディープブルーなんてどう?」「海底っぽいからサブマリンが良いと思う」「結晶みたいな美しい青なのでクリスタルブルー」「神秘的な色だからポーションブルーなんかいいかも」「フォーエバーブルーがしっくりくると思う」とロマンチックな名前が続々と挙げられている。なかには「この青はクッキーモンスターでしょ!」「偶然見つかったから偶然ブルー(Accidentally Blue)」「スライムブルーが可愛いと思う」といったユニークな意見も。

 

叫ぶ緑ってどんな色!? クレヨラ・クレヨンの個性的な名前

これまでにクレヨラから発売されたクレヨンには個性的な名前のものが多い。「アウトレイジャスオレンジ」は日本語に訳すと「けしからんオレンジ」や「凶暴なオレンジ」といった意味。また「スクリミーングリーン」(叫ぶ緑)、「ワイルドウォーターメロン」(ワイルドなスイカ)など斬新な名前が命名されていた。

 

また、かなり長いネーミングのクレヨンも多く、「トロピカル レイン フォレスト」(熱帯雨林)、「ファジー ウージー ブラウン」(クマの毛のような茶色)などは「ちょっとその色取って」と頼むのに手間取りそう。さらに、アメリカのロックバンドの名前をもとに付けられたという「ティックル ミー ピンク ウィステリア」は単語が4つも入っているという驚きの長さ。機会があれば命名した人に名づけの理由を聞いてみたいものだ。

TAG
SHARE ON