アストン・マーティン 関連記事

アストン・マーティンの次期型「ヴァンキッシュ」のウィンターテストをキャッチ。搭載パワートレインは現行「ヴァンキッシュS」の580psを凌ぐ700psを発揮する模様で、アストン・マーティンの最速モデルになると同時に、セグメントにおけるトップモデルとして大きく進化を遂げるよ

世界的なセールス増の追い風を受けて生産を拡大するアストン・マーティンが、発祥の地である英国ニューポート・パグネル・ティックフォードでの生産を再開。’03年にアストン・マーティンはイングランドのゲイドンへ本社を移転し、それ以降はヒストリックカーのレストアガレージとなっていたパグネルだが、アストン・マーティンDB4 G.T.の復刻が決まり、60年前に同車が生産されていたパグネルも復活。DB4 G.T.Continuationと名付けられたサーキット専用の復刻モデルが25台限定ながら生産されることになる。

9月25日、アストン・マーティンはレッドブル・レーシングとイノベーションパートナーシップを締結し、レッドブルのタイトルスポンサーに就任したことを発表。