イベント 関連記事

あらかじめ選抜した“今の日本の筆記具シーンを代表するボールペン48本”の中から、自分の推しペンを投票して、日本の筆箱のセンターを決めよう!という「OKB48選抜総選挙」。今大会からは、握手会に最適な専用の「試し書き用紙」まで発売されているのである。

ラベルライターの代名詞「テプラ」が、発売からとうとう30年の節目を迎えたという。しかも、累計販売台数は1000万台を突破! これを記念して、銀杏色づく青山に「テプラカフェ」が期間限定でオープンした。そこではテプラの知らなかった世界を覗けるらしいと聞いて、さっそく行ってみた。

「日本手帖の会」が主催する「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」が開催中。今年で7回目を数え、毎年秋から冬にかけて全国で、またときには日本を飛び出して開催される手帳イベントです。