スリープテック 関連記事

日本は“慢性的な睡眠不足の国”として知られています。若いうちは、睡眠時間が足りなかったり夜更かしや徹夜などでリズムを崩したりしても、少し休めば回復するかもしれません。しかしその睡眠不足は、確実に“負債”として体に積み重なっているのです。日本における睡眠不足の現状と、それを解明・解消するための最新の研究について、米国スタンフォード大学医学部精神科の教授であり、同大学睡眠生体リズム研究所(SCNL)所長である西野精治先生に伺いました。