ゼブラ 関連記事

水性マーカーは、ペン先チップが大きいのでインクの蒸発が早い。使わないときは常にキャップをカッチリ閉めておかないと、簡単にドライアップしてしまう。また、ドライアップを防ぐためにキャップがしっかりとして固いので、開けにくいのも面倒だ。そこでゼブラは新商品の水性マーカー「クリッカート」でマーカーのキャップを廃してノック式にしてしまったのだ。しかもそれだけじゃない。

外見はよくある万年筆ライクながら、中身はどの現代ボールペンと比べても引けを取らないモダンな水性ボールペン。いまどきのゲルボールペンらしい外見と軽さながら、中身はメーカー自慢の油性水性混交エマルジョンインクボールペン。今注目してほしい実力派ボールペン2選をご紹介します。

現在のボールペン市場において最も優勢なのは、間違いなく三菱鉛筆の「ジェットストリーム」を始めとする、低粘度油性インクのペンだろう。そんななか、ゼブラが改めて投入してきたのが、“ストレスフリーな書き心地”を謳うエマルジョンインクの新ボールペン「ブレン」である。