ダイハツ 関連記事

群雄割拠となったスーパーハイトワゴン市場に4代目の新型「タント」が投入されました。ボディサイズは先代と比較すると全高とホイールベースが若干拡大されましたが、すでに初代の頃から軽規格を使い切っている全長と全幅は変わらず。そんなタントの試乗レポートです。

新型タントは使い勝手の良さや先進安全性能、軽量剛性など特徴はありますが、オリジナルアクセサリーでドレスアップを楽しめるのも、この車両の魅力です。

ダイハツのスーパーハイト系「タント」がフルモデルチェンジし、4代目が発表されました。新型では、ダイハツのクルマ作りの新世代を切り開く新たなプラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用。DNGAでは以前から企業理念としてきた「良品廉価なクルマづくり」をさらに進化させることを目標としています。