テクノロジー 関連記事

キャッシュレス化が日本よりも進んでいると言われるアフリカ。2007年にケニアでスタートしたモバイル決済サービス「M-PESA」によってキャッシュレス化の波は徐々に広がり、2015年頃にはアフリカ大陸全土にまで波及しました。アフリカのなかでも特にケニアではその流れが顕著で、モバイル端末を使用したQRコード決済や送金など、その流通量は国内総生産の約半分にもなるほど。本稿では、アフリカ大陸でキャッシュレス化が進んできた背景やデジタル通貨を巡る最新動向について現地からお伝えします。

クレジットカードや電子マネー、スマホ決済アプリなど、キャッシュレス決済がどんどん進んでいます。そんなキャッシュレス決済の究極ともいえるのが、Amazonで開発中の手のひらをかざす支払い方法。現金はもちろん、クレジットカードもスマホも持ち歩かなくても、手をスキャンするだけで支払いが済むというのです。

身に着けるだけで重い荷物を軽々と持ち上げたり、運動能力をアップしたり……。着ている人の身体能力を拡大してくれるパワーアシストスーツ(パワードスーツ)は、一昔前までは映画や漫画のワンシーンにすぎませんでした。しかし、農作業や介護現場などでもその需要は高まり、様々なアシストスーツが開発されてきています。