ビジネス | GetNavi web ゲットナビ

ビジネス 関連記事

新年の誓いが挫折のピンチ!? 2018年の目標を“再建”するための3つの方法

今年になってからはやくも2か月が過ぎました。そろそろ「もう2月も終わりか……。いつもの忙しい日々に戻ってしまい、新年の誓いはどこへ行ったことか」と嘆き始める季節かもしれませんね。過ぎた日をコントロールすることはできませんので、嘆いている暇があればコントロールできる明日からの仕切り直しに目を向けましょう。

「ビジネスの成功は、前夜の食事で決まる」「食べ放題に行くならランチタイム」……食事の心がけを変えれば仕事がうまくいく!

『一流のパフォーマンスアップ習慣』(裴英洙・著/学研プラス・刊)から、食事と処理能力(パフォーマンス)にまつわる4つのアドバイスを紹介します。

あなたにも「内なるスティーブ・ジョブズ」がいる。ジョブズのビジネス術を理解するための8つのメソッド

映画を見ても伝記本を読んでも、スティーブ・ジョブスという人はエキセントリックな天才というイメージで描かれることが圧倒的に多い。『「図解」 スティーブ・ジョブズ全仕事』は、こうしたイメージに疑問を感じ取ろうとするところから出発する。

「頑張れ」→「だが断る!」と言えるようになる4つの考え方

わたしたちは、どれだけ頑張ればいいのでしょうか? 何のために、誰のために頑張っているのでしょうか?『頑張らない人は、うまくいく。』(中谷彰宏・著/学研プラス・刊)という本があります。「頑張ること」にまつわる57のアイデアを収録しています。

先端技術は全く使わず「職人的ビジネス法」でシェアトップに! 山田工業所に学ぶ「これからの職人の生き方」

横浜中華街では実に8割以上のお店で愛用されているという山田工業所の打ち出し中華鍋。一枚の鉄の板を5千回以上も叩いたもので、火の通りがズバ抜けて良く、また、一般人でも手が出せる低価格により、近年は家庭でも多く使われるようになったヒット商品です。

来年こそは決断したい! 正しく決断するための4つ基本

「決断」の反対語は? 「優柔不断」ではありません。答えは、『決断力の磨き方』(池田貴将・著/学研プラス・刊)という本に書いてあります。著者いわく、決断の反対語は「反応」です。優柔不断とは、すぐに決められない状態のことです。反応とは、決めたつもりでいる状態のことです。その違いを説明します。

お金が増える本の読みかた

年収が高い人ほど読書をしているという調査結果がある。年収500万円未満の人の読書時間は半数が1日5分未満だったのに対し、年収1500万円以上の人は30分以上読書すると答えた人が4割だった(2012年・楽天リサーチとプレジデント編集部の調査)。ではどのような本をどのように読めば収入増に近づくのだろうか。

人生を切り拓く“ささやかな成功”と“それなりの失敗”

企業と学生をつなぐ職業体験”インターシップ”が日本でも本格化しつつある。学生のうちから様々な体験をし、スキルを積むことにより確かな未来が開けるようになるだろう。

今日から仕事が楽しくなる!デキる奴になれる!魔法の「真逆の発想」とは?

会社勤めをしていた頃、私は残業が日常茶飯事な社員だった。職業柄、取引先と連絡が取りやすいのが夜だったし、社内でタッグを組んでいた部署も夜型だったし、日中は出先に行っていることが多いため、企画書作成やら、翌日の打ち合わせの準備やら……なんだかんだと、「いつも遅くまでいる人」になっていた。

あなたの下心、見え見えですよ! 「この男、信用できないな…」と女性に思われないための褒め方

胸の大きな女子が明かす“褒めを信用できる男”の見分け方という記事が話題になっているそうです。記事によると、「女子大生なんだね~」「若いね~」「色白だね~」など、属性を褒められるのは女性にとってはNGで、その人ならではの魅力をしっかりと見定めて褒める男性がよいのだそう。

仕事の効率をアップさせるビジネス文書の基礎知識

「ビジネス文書」と聞くと、とっても難しくて間違えちゃダメで、平社員には関係ない話~なんて思っている人、多くないですか?

心配性な人ほど成功する!? 脳神経外科医による「不安」を「行動力」に変える欲求コントロール法とは?

「心配性な自分を変えて、ポジティブな人間になりたい」「私は心配性でネガティブ思考だから、きっと成功できないんだ……」そんな風に思い込んでいる人はいませんか? たしかに、世間ではポジティブ思考がもてはやされています。ポジティブでなければ成功できないと考えている人も多いかもしれません。しかし、それは大きな間違い。心配性は克服しなくてもいいのです。というよりも、むしろ心配性のほうが人生において有利なのです。

ビジネスマンの天敵「足ムレ問題」を解消! 真夏にこそ履きたい「快適ビジネスシューズ」5選

夏本番のいまがピークといえる、ビジネスマンの「足ムレ問題」。スニーカーに比べて通気性が劣るビジネスシューズは足ムレを起こしやすく、ときには匂いの原因にもなります。さらに、夏場は雷雨や台風といった悪天候に見舞われやすいため、防水対策も忘れてはなりません。そこでGetNavi webでは、そういったビジ...

猫を撫でるだけで年収300万!? 世にも不思議な「猫つかい」ビジネスが成り立つワケ

昔から「犬は人につき、猫は家につく」といわれるように、猫は自分の暮らしている環境の変化が苦手な動物です。痛いことやイヤなことをされる病院は、猫にとって一番苦手な場所かもしれません。治療のためとはいえ、体を触られたり、注射をされたりするからです。では、どんな病院なら猫は安心できるでしょうか。

邪道だけど便利!? ビジネスリュックの使い方で仕事ができるかどうかがわかる

「スーツにリュックは是か非か」という取材を数年前に受けたことがあります。当時はまだビジネスリュックが出始めた頃で、その存在自体が問われていました。そのときの見解は以下のとおり。

...