マナー | GetNavi web ゲットナビ

マナー 関連記事

愚妻とは「“愚かなる自分”の妻」のことだった!――妻? 嫁? うちの? 正式な場でのパートナーの正しい呼び方を知ってますか?

嫁・妻・愚妻・うちの、主人・夫・パパ・ダー……。パートナーのこと、あなたはどうやって呼んでいるだろうか? 今後恥をかかないよう、早速『ニッポンのおつきあいとしきたりの心得帖』(岩下宣子・監修/学研プラス・刊)を片手に、敬語の使い方のページを熟読してみた。

お願い事の前に名前と住所を伝えるのが礼儀!? 初詣に役立つ神社での正しい参拝方法

新しい1年を迎える際に多くの人が訪れる“初詣”。しかしいざ参拝するとなるとマナーを知らない人も多いようで、「注意されて恥ずかしかった」「何が正しいのかわからない…」といった悩みの声も上がっている。そこで今回は、2017年10月に「林修の今でしょ!講座」で特集された神社での正しい参拝方法をご紹介。

あなたは大丈夫? 年末年始に失敗しないためのマナー総点検

日本には四季があることを嬉しいと思って暮らしているが、では季節の決まりを守っているかというと、てんで自信がない。とりわけお正月が近づくと、何をすべきだったかわからなくなり、ひたすら焦っているうちに新年に突入する。今年こそはと思っていたのに、早くも12月。えらいこっちゃと呟きつつも、日ばかりが過ぎてい...

外国人ゲストに教えてあげたい日本のマナー

つい先日、東京から静岡まで新幹線に乗ったら、その車両の半分が外国人客だった。私の座席の前後左右は英語圏の観光客で、少し離れた席からはフランス語も聞こえてきた。列車の車窓から富士山が見えはじめると外国人たちは席を立ち上がり、一斉にスマホで、わが日本の誇る富士山の雄姿を写しはじめたのだ。

あなたの下心、見え見えですよ! 「この男、信用できないな…」と女性に思われないための褒め方

胸の大きな女子が明かす“褒めを信用できる男”の見分け方という記事が話題になっているそうです。記事によると、「女子大生なんだね~」「若いね~」「色白だね~」など、属性を褒められるのは女性にとってはNGで、その人ならではの魅力をしっかりと見定めて褒める男性がよいのだそう。

その行為が逆効果に!? 覚えておきたい時計マナーの常識集【アンティークショップ編】

時計を購入する際や、日常のケア、プロへの修理依頼などなど。あなたの“いつも”の行為、ひょっとしたらマナー違反になっているかもしれません。意外に知らない“時計界の基本マナー”、前回のユーズ&ケア編に続き、今回はアンティークショップでのシュチュエーションを見ていきましょう。

アナタも知らないうちに恥をかいているかも……海外に行く前に押さえておきたい6つのマナー

日本の常識や感覚が通じないことの多い海外では、ふとした行動が相手にとって失礼だったり、不快な思いをさせてしまうことがあります。遠い国から来た旅行者といえども、日本の印象を悪くしないためにも最低限のマナーは守りたいもの。

【いまさら聞けない】第一印象で必ず差がつく 《あいさつ》と《電話応対》のルール

春のこの時期は、入社、転勤、異動、担当者交替など、何かと新しい人間関係の中で仕事を始める方が多いはず。そこで今回は、相手の印象に残るような自己紹介と電話応対のしかたを、人気マナー講師の尾形圭子さんから学びましょう。

「入学祝い」はもう済んだ? いまさら聞けない入学祝いの贈り方とお礼のマナー

日差しの暖かさを感じるこの時季は、卒業、そして入学シーズンでもあります。親戚に入学祝いを差し上げたいのだけれど「いつまでに」「いくらくらい」渡せばいいのか。また、お祝いをいただいたときは、お礼はどうしたらいいのでしょうか。わからなくて困っている人も多いのではないでしょうか?

あなたはネタバレ容認派? SNSで“絶対NG”なネタバレの種類はこれだ!

90年代から一般社会に普及していったインターネット。その歴史はまだまだ浅く、新しいコンテンツも次々と誕生するためネット上のルールやマナーをしっかり定めるのは難しいようだ。2006年に開設された「Twitter」に関するあるマナーも最近になって話題になり、ユーザーたちの間で議論されている。[capti...

電車内メイクに怒るのは実は女性だけ!? やはり女の敵は女なのか

世の中には「あの人、いつも怒ってる」的にプンプン、カリカリしている御仁がたまにいるものだけど、ものすごいエネルギー埋蔵量の多いタイプなんだろうなあと思って遠くからそっと眺めている。怒るにもエネルギーが要るので、元気がないと怒れないわけで、そのパワーはちょっとうらやましい、でも近寄らない、めんどうくさ...

“赤いスリッパ”はとっても失礼? 「新築祝い」で贈ってはいけない意外な品々

夢のマイホーム。早い人だと20代で購入している人も周りにチラホラ…。そんなピカピカのマイホームに招待された際に、あなたはどんな物を持参していきますか? 知らなかったではすまされない「新築祝い」のタブーを『オールカラー 困ったときにすぐひける マナー大事典』(現代マナー・作法の会・著/西東社...

意外と知らない神社・お寺での正しい参拝作法

新年を迎えて早速初詣に出かける人も多いのではないでしょうか?毎年のことだからと何気なくしているお参り。実は間違った作法で参拝している人が意外と多いんです。『日本のたしなみ帖 しきたり』(竹中龍太、姜信子、 的場美香、『現代用語の基礎知識』編集部・著/自由国民社・刊)から知っているようで知らない正しい参拝の作法をみていきましょう。

レストランでお願いしがちだけど実はNGな3つの行為――クリスマス前にチェックしておきたい食事のマナー

間もなく訪れるクリスマス。いつもより、ちょっといいレストランで食事をする予定の人も多いのでは? しかし、食事を楽しもうという気持ちが強い人ほど、知らず知らずのうちにお店でNG行為をしてしまっている可能性があります。一緒に食事をしている人やお店の人を凍りつかせないためにも『食べ方のマナーとコツ』(渡邊...

「新年明けましておめでとうございます」は誤り!? 年末年始に注意すべき「間違った」暮らしのマナー【イラスト解説】

四季の豊かな日本には季節ごとに大切にしてきた暮らし、行事があります。とくに年末から年始にかけては、しきたりや習慣を知らないと「どうしたらいいのかな?」と迷う場面がたくさんあります。人とのお付き合いにおいて迷いがあると、余裕がなくなり、人を思いやる心が欠けてしまうことも……。つまり、マナーは自分に「心...

...