ランボルギーニ | GetNavi web ゲットナビ

ランボルギーニ 関連記事

【SIHH2018速報】ジュネーブの異端とイタリアの暴れ牛の超刺激的なコラボレーションウオッチが登場

2018年の国際高級時計展(SIHH)におけるロジェ・デュブイのハイライトは、ランボルギーニとのコラボレーションウオッチでした。特別に開発されたデュオトールや新開発のストラップ変更システムなど、まさに強力タッグの象徴ともいうべき一本に仕上がっています。

ランボルギーニ初のSUV「ウルス」見参!

以前からウワサされていた通り、ランボルギーニのスーパーSUV、「ウルス」が発表となりました。

ランボルギーニのEVスポーツコンセプトが進化?

ランボルギーニは1月31日から2月4日まで開催中の「フェスティバル・オートモービル・インターナショナル・イン・パリ」にて、次世代EVスーパースポーツコンセプトの「テルツォ・ミッレニオ」を披露した。

ランボルギーニ「ウルス」の発表を記念したコラボコレクションが発売

ランボルギーニ初となるスーパーSUV、「ランボルギーニ・ウルス」の発表を記念して、コレツィオーネ・アウトモビリ・ランボルギーニと「Enzo Bonafè(エンツォボナフェ)」「Hettabretz(ヘッタブレッツ)」「Tecknomonster(テクノモンスター)」の3ブランドがコラボレーションした特別限定品を発売。

【中年スーパーカー図鑑】事故で大破した幻のスーパーカー。“認定レプリカ”もわずか9台という希少性で伝説となった

前回で紹介したランボルギーニ・ミウラは、その車両レイアウトからモータースポーツ参戦が期待されたモデルだったが、フェルッチオ・ランボルギーニはこれを頑なに拒み、結果的にミウラがレースシーンに登場することはなかった。しかし、開発現場ではFIAが定めた競技規定付則J項に則ったミウラ・ベースの実験車両「J」が製作されていた――。今回は幻のランボルギーニ製スーパーカーと称される、Jこと「イオタ」の話題で一席。

発表直前! ランボルギーニ・ウルスの最新動画が公開

12月4日にイタリアのサンタアガタ・ボロネーゼ本社での発表が予告されているランボルギーニの新型車「ウルス」。正式発表に向けて、同社からティザー動画が公開された。

チャリティに出品されるローマ法王のウラカン、その詳細は?

ランボルギーニは11月15日、1台限定の特別仕様のウラカンRWDを披露した。この車両はオークションにかけられ、その収益をフランシスコ法王に寄贈するためである。

【中年スーパーカー図鑑】市場から一刻も早い販売を期待された、流麗なV12ミッドシップモデル

1960年代前半のスーパースポーツは、フロントにエンジンを置き、長いドライブシャフトを介してリアを駆動する、いわゆるFRレイアウトが定番だった。そこに、ミッドシップ方式でエンジンを積んでリアを駆動する、MRレイアウトの新世代スーパーカーが1966年に登場する――。今回はランボルギーニの第3弾ロードカーで、著名な闘牛飼育家に由来する車名を冠した「ミウラ(MIURA)」の話題で一席。

ランボルギーニがMITとのコラボでドリームカーを製作?

11月7日、ランボルギーニはMIT(マサチューセッツ工科大学)の化学物質学科と機械工学科のふたつの研究所とのパートナーシップによって、ランボルギーニの将来像を示すエレクトリック・ハイパーカーのコンセプト「Lamborghini of the Terzo Millennio」を発表した。

【これは行きたい】ランボルギーニの公式ストアが銀座に期間限定オープン!

9月23日、ランボルギーニは日本初となるコレツィオーネ・アウトモビリ・ランボルギーニのオフィシャルストア、「COLLEZIONE AUTOMOBILI LAMBORGHINI GINZA」を、東京・銀座にオープンした。

【スクープ】ランボルギーニ世界最速スーパーSUV「ウルス」のPHEVは700馬力のド迫力!

ポルシェ「パナメーラ」の4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650ps、0-100km/h加速を3.9秒を叩き出すと言われるランボルギーニ「ウルス」。しかも、新情報によれば、プラグインハイブリッドはポルシェ「カイエン Sハイブリッド」の次期型以上と想定される、最高出力700ps程度の可能性もあるというから、世界最速SUVを目指しているというのは本当の話であろう。

えっ、これが警察車両!? ウラカンのイタリア警察仕様がデビュー

ランボルギーニは3月30日、ウラカンをベースにした警察車両「ウラカン・ポリツィア」をローマのイタリア警察ハイウェイパトロール隊に納車したことを発表した。納車セレモニーでは、ランボルギーニのステファノ・ドメニカリ会長兼CEO自らが警察関係者にキーを手渡した。

ランボルギーニの2016年決算が絶好調! 売上を牽引したのはどのモデル?

ランボルギーニはこのほど、2016年期の決算を公表した。3457台を記録した世界販売台数は、2015年の3245台から7%の増加。これにより6年連続で成長を遂げたことになる。一方、売上高も前年の8億7200万ユーロ(約1050億円)から9億600ユーロ(約1090億円)へと4%のプラスとなった。

ランボルギーニのレストア部門が本格始動! クラシック車の価値を維持するための車両認定証も発行

ランボルギーニはこのほど、同社のレストア部門である「ポロストリコ」の専用施設をオープンした。

「ランボルギーニ・ウラカン」が気鋭の現代美術家とコラボで近代アートに!

ランボルギーニの正規ディーラー、ランボルギーニ青山は、3月16日(木)から19日(日)にかけて東京国際フォーラムで開催される国際アート見本市「アートフェア東京2017」に参加。現代美術家のスプツニ子! 氏とコラボレーションした「ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー」のアートカーを特別展示すると発表した。

...
ボーズ

人気の動画ニュースVideo News

20180204_y-koba1_ic_R

【aibo動画まとめ】ソニー「aibo(アイボ)」を愛せるかな? リアルだけど不気味さは皆無!!

20180126_y-koba7_ic_R

【体験動画】ゲレンデを疾走する「タクシー」が本当に楽しすぎ! 上りも下りも迫力満点!!

GN1802_P131-O

ゲーム芸人が不朽の名作「マッピー」でノーミスクリアにチャレンジしてみた【ゲーム芸人フジタの挑戦】

VIEW ALL

文房具総選挙

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ボーズ
文房具総選挙
calbee
日産
ロワード
dTV
blueair
kurabest
calbee
calbee
omron
omron
maittake
honmonokeikaku
週刊GetNavi