リヒトラブ 関連記事

コピー用紙数枚を断裁する小型のペーパーカッターというのは、ややマニアックな用途になりがち。実際のところ、それぐらいのレベルであれば、カッターナイフとマットでチマチマ切ればいい、とお考えだろう。だが意外にこの作業は面倒で、持っていたら良かったと悔やむのがペーパーカッターなのである。

文房具は、小学生から高校生時代と社会人以降で大きくラインナップが変わる、という傾向にある。例えば、それまで鉛筆やシャープペンシルしか使わなかったのに、社会人になった途端にボールペン生活に切り替わった、とか。次いで顕著なのが、ノート類ではないだろうか。もっと端的に言うと「社会人になってからルーズリーフ使わなくなってない?」という話である。

最近は、「文房具をたくさん持ち歩く人」向けのペンケースが人気だ。その中でも最大級=ペン40本以上収納可能という母艦クラスのものから、「整頓する人」「整頓しない人」向けにそれぞれ面白いものを紹介したい。