ロボット掃除機 | GetNavi web ゲットナビ

ロボット掃除機 関連記事

日立、IoT家電での「周回遅れ」挽回なるか? コンセプトを一新し「コネクテッド家電」で逆襲を誓う!

家電は一度買ったら、長いつきあいになります。その間に、家族のライフスタイルが購入当時とは大きく変わってしまい、不便を感じることも少なくないのではないでしょうか。 家電のキャンペーンワードを「ハロー!ハピネス」に変更日立アプライアンスは、家電製品のキャンペーンワードを変更すると発表。8年ほど...

「窓掃除ロボットに勝算アリ!」販売代理店、SODCがアクセサリーに込めた「日本ならでは」の戦略

窓掃除は、できれば寒い季節にはやりたくないですよね。共感できる人にぜひ注目してほしいのが、セールス・オンデマンド(Sales On Demand Corporation、略称でSODC)が2月22日から発売を予定している窓掃除ロボット「ウインドウメイト」です。永久磁石を内蔵した2つのユニットで内側と...

受験生のゲンかつぎにどう? 「落ちない窓ふきロボ」が「リャンメン」対応で新登場!

めいっぱい手を伸ばさなくてはならず、ときには脚立などを出す必要がある窓掃除。かなりの重労働ですし、身を乗り出して拭くときは、危険を感じることも多々あります。誰かに代わってもらえたら、こんなにうれしいことはありませんね。そんなニーズに応えて新たに発売されるのが、「窓掃除ロボット ウインドウメイト」です...

コードレス掃除機、どのメーカーから何が出てる? 最新12モデルの機能とスペックを一気見せ!

売り上げ伸長中のコードレススティックは、2017年も多数の製品が登場しました。そのなかでも、下半期に発売したモデルを中心に人気の12機種を比較しました!

【2018年版】高いルンバと安いルンバ、何がどう違うのか? 主要5モデルの価格の「差」をプロの解説で完全解明!

大人気のロボット掃除機・ルンバ。種類の違いで価格の差がありますが、いったい何が違うのか? 今回は、主要5モデル(ルンバ641、 ルンバ690、ルンバ890、ルンバ960、ルンバ980)を選び、それぞれ何が違うのかを徹底比較。家電のプロ、戸井田園子さんに詳しく解説してもらいました!

「ロボット掃除機のために片付け」ってヘンじゃない? 「コードレスの雄」17年ぶり新モデル投入で、業界に物申す!

エレクトロラックスから、ロボット掃除機「PUREi9(ピュア・アイ・ナイン)」が発売されます。発売日は2018年3月2日。実売予想価格は13万円前後(税抜)です。エレクトロラックスといえば、デザインに優れたコードレススティック掃除機で知られるスウェーデンのメーカー。今回、実に17年ぶりにロボット掃除...

ドンキの「1万5000円ロボット掃除機」本当の実力がわかったぞ! 家電のプロが自宅で使い、ホンネで採点してみたら

ディスカウントショップ、ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格PLUS」から、参考価格なんと1万4800円(税抜)のロボット掃除機が発売されました。その名も「スマホとつながるWi-Fi対応ロボットクリーナー」です。今回は、その実力を家電のプロ、戸井田園子さんに検証してもらいました!

【家電大賞2017】今年一番の家電は何だ? ロボット掃除機部門にはIoT化の波が到来!

GetNaviと白物家電専門ニュースサイト「家電Watch」による年に1度の家電アワード「家電大賞」が今年も開催!このアワードは、掃除機や炊飯器、家事家電、身だしなみ家電など全14部門、119アイテムのなかから「2017年のベスト家電=大賞」とそれぞれの部門賞を選出します。選出方法はみなさまの投票のみ!

ドンキがまたやってくれた! ロボット掃除機が1万4800円、しかもアプリ対応って…

10月に50V型4Kテレビを5万4800円(税別)という破格の値段で売り出したドン・キホーテが、またまたやってくれました。今度のターゲットはロボット掃除機。参考価格はなんと1万4800円(税抜)といいますから驚きです。 スマホアプリで走行の操作や清掃モードの変更、タイマー設定などができる[...

憧れのルンバが3万円台! 新モデル「ルンバ641」は「予約いらん」派には面白い選択だ

ルンバ600シリーズは、確かな清掃力を備えながらも、コストパフォーマンスに優れたシリーズ。同じく600シリーズの「ルンバ690」(4万9880円※税抜・公式オンラインストア価格)との違いは、スケジュール機能がないため、掃除の開始時間を予約できない点、アプリに対応していないので、スマホでのスケジュール管理や外部からの操作ができない点などが挙げられます。

この気遣い、さすがは日本メーカー! 小回り重視のロボット掃除機「minimaru」が新モードを追加して登場

日立アプライアンスは、ロボットクリーナー「minimaru(ミニマル)」RV-EX1を11月25日から発売します。実売予想価格は、10万円前後(税抜)です。本機は、本体幅25cm、高さ9.2cmの小さいボディにより、ダイニングテーブルやイスの脚の間などの狭い場所や、ソファやベッドの下など高さの低い場...

ルンバは1分間に何台動いてる? 最も使われる曜日って? 誕生日を記念してアイロボットが「数字で見るルンバ」を発表

アイロボットジャパンは、アイロボット米国本社の家庭用ロボットが、2002年の9月17日にロボット掃除機ルンバの発売を開始して以来、世界累計販売台数2000万台を突破したことを発表しました。 9月17日のルンバ15歳の誕生日を記念し、「数字で見るルンバ」を発表[caption id="att...

いやいや、センサー多すぎでしょ! ロボット掃除機「RULO」の進化がエライことに…

パナソニックの「RULO(ルーロ)」といえば、独自の三角形状で部屋の隅まで掃除できるのが特徴。今回、その「RULO」ブランドより、センサー機能を強化し、アプリにも対応した新製品が発表されました。発売は10月30日です。 センサーの追加で2cmの障害物も検知し走行ルートのマッピングも可能に[...

「ルンバの邪魔者」はオマエだったのか……! Wi-Fiに全ラインナップ対応の「ルンバ」でできること

ロボット掃除機ルンバに、新モデル「ルンバ890」と「ルンバ690」が登場。この中級モデル・エントリーモデルにもWi-Fi機能が搭載されたことで、ルンバの全ラインナップが、スマホで遠隔操作できるようになりました。

【動画あり】雑誌「ちゃお」のふろくがロボット掃除機…だと? 斬新すぎて悔しいので家電担当がレビューしてみた

GetNavi本誌(紙媒体)の家電担当、青木から筆者あてにメールが届きました。文面は「レビューしてほしいです!」。いつもはクールな青木が何を興奮しているのか? 貼り付けられたリンク先をクリックしてみると、何と、少女マンガ雑誌「ちゃお」が史上初、ふろくにロボット掃除機をつけるというのです!「ロボット掃...

...
文房具総選挙

人気の動画ニュースVideo News

20180204_y-koba1_ic_R

【aibo動画まとめ】ソニー「aibo(アイボ)」を愛せるかな? リアルだけど不気味さは皆無!!

20180126_y-koba7_ic_R

【体験動画】ゲレンデを疾走する「タクシー」が本当に楽しすぎ! 上りも下りも迫力満点!!

GN1802_P131-O

ゲーム芸人が不朽の名作「マッピー」でノーミスクリアにチャレンジしてみた【ゲーム芸人フジタの挑戦】

VIEW ALL

calbee

インフォメーションInformation

VIEW ALL

文房具総選挙
calbee
日産
ロワード
dTV
blueair
kurabest
calbee
calbee
omron
omron
maittake
honmonokeikaku
週刊GetNavi