ロボット | GetNavi web ゲットナビ

ロボット 関連記事

【aibo動画まとめ】ソニー「aibo(アイボ)」を愛せるかな? リアルだけど不気味さは皆無!!

昨年11 月1日、“ワン・ワン・ワン”の日に電撃的な復活が発表された、ソニーの自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」。リアルになった見た目やAIエンジンの搭載などで大きな注目を集めましたが、正直なところ、「話題先行じゃない?」という疑念もありました。

「トラウマになりそうでしたwww」 過激な描写が話題になったあのアニメのプラモデルがランキングの注目を集める!

世間で注目を集めている商品が一目でわかるAmazon「人気度ランキング」。さまざまなカテゴリの注目商品がわかる同ランキングだが、商品数の多さゆえに動向を追いかけられていない人も少なくないだろう。そこで本稿では、そんなAmazon「人気度ランキング」の中から注目の1カテゴリを厳選。今回は「ホビー」のランキング(集計日:1月22日、昼)を紹介していこう。

2018年はこれが流行る! ヒット商品大予測

それはさておき、今年も家電、映画、様々なモノが流行しました。「Get Navi」2018年2月号では、来る2018年に流行りそうな商品を分析しています。気になった商品をいくつか選んで紹介してみたいと思います。

AIGetNaviIoTVRロボット自動運転

写真じゃ伝えきれないこの愛くるしさ! 新生aiboといち早く触れ合える魅惑の「aibo room」が1月11日から渋谷に登場

2017年11 月1日、“ワン・ワン・ワン”の日に電撃的な復活が発表された、ソニーの自律型エンタテインメントロボット「aibo」。 先行予約がわずか 30分で 販売完了となるなど、大きな反響を呼んでします。

世界初、ロボットに市民権! 人型ロボット「ソフィア」はブラックジョークがお得意な模様……

人工知能(AI)の発達によって、まるでペットのように人間の友だちになることを目的としたロボットが開発されています。SONYの新型aiboの発表や、たまごっちの復刻版の発売は記憶に新しいですよね。

コミュニケーションロボとしては破格! 愛くるしすぎるAIロボット「COZMO(コズモ)」が家にやってきた

タカラトミーが9月に発売したAI搭載ロボット「COZMO(コズモ)」。とにかく愛くるしいと評判で前々から気になっていたのですが、今回ついに我が家にやってきました! ここでは実際に遊んでわかった魅力をご紹介します。

モフモフしたい謎グッズ!? 動きがリアルすぎる“猫のしっぽ”ロボットの正体

家庭用コミュニケーションロボットを手がけるユカイ工学が、“猫のしっぽ”の動きをリアルに再現した癒し系グッズ「Qoobo」(クーボ)を発表しました。しっぽのついたクッション型セラピーロボット、とのことですが……なかなか謎めいた存在です。 しっぽだけのモフモフ猫クッション…?Webサイトによれ...

3000円台なのに驚きの高機能! 家族のコミュニケーションを手助けするクマ型ロボット「はみっくベア」

Hamee(ハミィ)は、子どもでも使える簡単操作のクマ型メッセージロボット「Hamic Bear(はみっくベア)」を今秋以降に発売します。同社WEBサイトで先行販売予定で、予定価格は3685円(税別)。 Hamic Bearは、スマートフォンを持たない子ども同士でも直接ボイスメッセージの交...

ファッションの概念を変える画期的ロボットが登場! 「Kino」が示す「動的ファッション」

コミュニケーションロボットや掃除ロボットなど、ロボットを目にする機会が増えてきました。今、注目を集めているマシンの1つは衣服の上を動く超小型ロボット。ファッションをよりスマートにする可能性があります。

【使ってみた動画】家電操作もPepperにおまかせ! テレビ、エアコンの操作に「ロボアプリ」を使ってみた

会話機能を持つロボット・Pepper が家電を操作可能になるアプリが登場。声で指示すれば、高機能学習リモコンiRemocon Wi-Fi(SM)と連携し、テレビなどを操作してくれます。Pepperの活躍するシーンが一段と広がりました!

人工知能が人間を越える日のためにすべきこと――ソフトバンク・孫正義氏がロボットビジネスの展望を語る!

ソフトバンクグループが法人企業向けに開催するイベント「SoftBank World 2017」の開幕基調講演に、代表取締役会長 兼 社長の孫正義氏が登壇。「情報革命」の時代に向けて、今後ソフトバンクとしてスマートロボットやIoTのビジネスにどう関わっていくのか、展望を語りました。

いつものロボットが急に外国語ペラペラに! 45か国語の翻訳・接客を可能とし「顔翻訳」もできるロボット用アプリが発売

近年、訪日外国人観光客は増加の一途を辿っている一方で、サービス業をはじめとした国内における労働力不足は差し迫った課題となっています。いままでのインバウンド対策では、英語・中国語など主要言語の対応が主でしたが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、様々な言語での接客対応が「日本のおもて...

金魚をタブレットで誘導!? 国際スタートアップイベント「Slush Tokyo 2017」でデジタルライターが驚いた!

Slushは、2008年よりフィンランドで開催されている、テック系のスタートアップイベント。日本では2015年に初めて開催され、昨年は4000人の参加者を集めるなど急成長中です。3月29・30日に東京ビッグサイトで開催されたSlush Tokyo 2017には、日本だけでなく世界各国からスタートアッ...

老後の寂しさが吹き飛ぶ! これ1台あるだけで「孤独を避けられる」最先端ロボット3選

老後破産や孤独死のようなニュースが報道されると、他人事とは思えず、無性に不安を覚えますよね。しかし、いまは優秀なロボットが次々に登場。最先端テクノロジーが、私たちの将来を明るく照らしてくれるかもしれません。そこで本稿では、家庭に一台あれば安心できるロボットたちをご紹介します。

リアルタイムで手の動きをコピー! 遠くにいても絵を描いてくれるロボットが開発されていた

科学技術は日々進歩している。ほんの少し前までは鉛筆や筆でしか絵を描くことができなかったのに、いまでは「ペンタブレット(以下:ペンタブ)」の登場でパソコンを使って絵を描くこともできるようになってた。さらに近い将来では、“ドローイングロボットアーム”の登場でペンタブを使う時代も終わりを迎えるかも……。[...

...