万年筆 関連記事

文具ソムリエール・菅未里さんは仕事柄、文房具を試す機会が多く、手元には山のような文房具が…。そんな菅さんが自腹を切ってまで手に入れた、いま本当に気に入っている文房具とは? 今回は“ヘタ字”のコンプレックスを払拭してくれる、万年筆とボールペンを掛け合わせたような機能のペン「トラディオ・プラマン」。

墨や墨汁といった書道用品や水墨画のほか、最近ではドット芯カラーマーカー「ZIG クリーンカラードット」など、“書く”アイテムを長年開発・製造してきた呉竹から、新作が登場。お気に入りのカラーインクを自身で充填し、自分だけの…

【ド腐れ文具野郎 古川 耕 の文房具でモテるための100の方法】 No.97 プラチナ万年筆 キュリダス 7000円(税別) キャップのないノック式万年筆。ペン先収納部に採用した柔らかな材質が気密性を高め、さらに気密空間…