妖怪 関連記事

【ムー妖怪図鑑】あなたは「びろーん」を知っていますか?――昭和の児童書に出現した妖怪たち

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」(隔週水曜日更新)! 連載第22回は、黒氏も親しんだ「昭和の子供向け妖怪本」に掲載されている思い出の妖怪を補遺々々しました。

【ムー妖怪図鑑】凶事を伝える不吉な犬の鳴き声

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」(隔週水曜日更新)! 連載第23回は、新春のおだやかな雰囲気とは逆張り(?)に、凶事の兆しとなる怪異の数々を補遺々々しました。

ムー妖怪戌年

妖怪に遭遇したらどうする⁉ 誰でもできる対処法

日本はもちろん、世界中に数多くいる妖怪。日本では河童や化け猫などがよく知られている。江戸時代には会談ブームが流行し、戦後には水木しげる氏の漫画でおなじみの存在だ。

【ムー妖怪図鑑】見た目はかわいい豚の妖怪は危険!

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」(隔週水曜日更新)! 連載第20回は、鹿児島県に伝わる豚妖怪を補遺々々しました。

人か妖怪か みつめ入道と徳利の又吉/黒史郎の妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」(隔週水曜日更新)! 連載第19回は、人とも妖怪とも考えられる、ボーダーラインの妖怪を補遺々々しました。

【ムー妖怪図鑑】災いあるところに妖怪あり!?

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪"を発掘する、それが「妖怪補遺々々」(隔週水曜日更新)! 連載第18回は、あらゆる災害時に語られる怪しきものを補遺々々しました。

ムー妖怪災害

【ムーの超マイナー妖怪伝】恐ろしいのに、実は人間くさい…一つ目婆さん「ミカリバアサン」の多様な顔を妖怪研究家・黒史郎が語る!

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」(隔週水曜日更新)! 連載第17回は、一つ目小僧と性質のかぶる謎のおばあさんについて、横浜市と川崎市の民族誌から補遺々々しました。

【ムー妖怪考証】サルの顔、トラのような手足…合成獣「鵺(ぬえ)」の正体は巨大なレッサーパンダだった!? 

妖怪として描写されている存在は、実在する動物だったのではないか―― と考える気鋭の古生物学者がいる。現在、兵庫県丹波市を中心に活動している荻野慎諧さんだ。

UMAムー妖怪

【ムー妖怪情報】木の上から「広げた股」が降りてくる!? 意外すぎる…でも恐ろしい「サガィマタ」のナゾ

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪"を発掘する、それが「妖怪補遺々々」(毎月末水曜日更新)! 連載第9回は、「下がる」特性をもって語られる妖怪を紹介します。

【ムー怨霊伝説】「自分の指を与え…」一人の女が猫に託した凄まじい呪いとは? 熊本の「猫寺」に伝わる化け猫の恐怖

かつて、作家・司馬遼太郎が「日本で最も豊かな隠れ里」と呼んだ人吉球磨地方。衛星写真で九州を眺めると、その中央部から南部にかけて広がる深い山々のただ中に、ぽっかりと三日月形の盆地をなしている印象的な土地柄である

ムー妖怪

【ムー妖怪伝説】「河童の手」は赤ん坊の手のような感触!? 熊本・天草地方に伝わる河童伝説を追う

熊本県、天草地方には、河童の伝承や民話が数多く残されている。それは、現在も「河童街道」と名づけられた場所が存在することからもよくわかる。

ムー妖怪河童

【ムー妖怪情報】首だけの姿でひとつの村を廃墟に変えた!? 魔女「シム」がブータンに残したとてつもない恐怖

チベット仏教の影響が色濃く残る秘境ブータン。人口はわずか75万人と熊本市程度。のんびりとした雰囲気が漂う国だが、今でも日常のそこかしこに「シム」と呼ばれる魔女を恐れる民間信仰が残っている。 村を滅ぼした魔女の恐怖典型的な魔女の昔話としては、峠を越えるときに暗くなってしまい、絶世の美女が男に...

ムー妖怪魔女

【ムー妖怪伝説】「いる」と答えたら一巻の終わり! イルカの姿で「〇〇いるか?」と問う船幽霊を妖怪研究家・黒史郎が発掘!

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々(ようかいほいほい)」! 連載第4回は、愛らしい姿ながら復讐のために夜の海を彷徨う船幽霊「某いるか」です。 恨みの呼びかけ「いるか」夜の海は異界です。広大な漆黒の...

【ムー妖怪情報】ついにキジムナーの撮影に成功か!? 沖縄の樹木に写りこむ骸骨のナゾ

古来、沖縄はスピリチュアルな土地柄である。今も手つかずの自然が残り、いたるところに御嶽(ウタキ)がある。御嶽は遺跡ではない。今も生きている祈りの場であり、ユタやノロ、そしてカミンチュといった霊能者が様々な儀式を執り行っている。彼らの目には神々や祖霊はもちろん、精霊や妖精などといった霊的な存在が見えて...

【ムー妖怪コラム】娘の死を知らせる牛の首――大正時代の書物から妖怪研究家・黒史郎が幻の妖怪を発掘!

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」(ようかいほいほい)! 連載第3回となる今回は、黒史郎が発掘した、“都市伝説に残されるも、実在しないはずの怪談”「牛の首」です。 だれも知らない「牛の首」妖怪に...

...
calbee

人気の動画ニュースVideo News

20180204_y-koba1_ic_R

【aibo動画まとめ】ソニー「aibo(アイボ)」を愛せるかな? リアルだけど不気味さは皆無!!

20180126_y-koba7_ic_R

【体験動画】ゲレンデを疾走する「タクシー」が本当に楽しすぎ! 上りも下りも迫力満点!!

GN1802_P131-O

ゲーム芸人が不朽の名作「マッピー」でノーミスクリアにチャレンジしてみた【ゲーム芸人フジタの挑戦】

VIEW ALL

日産

インフォメーションInformation

VIEW ALL

calbee
calbee
日産
ロワード
dTV
blueair
kurabest
calbee
PAIONIA
IT'SCOM
omron
omron
maittake
honmonokeikaku
週刊GetNavi