文具 関連記事

黒い板バネとワイヤーで作られたお馴染みの「ダブルクリップ」は、1910年にアメリカで発明されたもの。ワイヤーレバーを使ってテコの力で板バネの口を開く構造は、100年以上前の発明段階から変わっていない。だがこのほど、100年ぶりの大改革がダブルクリップに起きたのだ。

メモを取らなきゃ!という事態はそこかしこで起きうることなのに、「ペンとメモのセットを携帯する」という備えを常にするのはなかなか難しい。それを解決してくれそうなのが、ゼブラ「ペモ アイディー」だ。

ここ数年で、ノートにこだわりを持つ人がグッと増えてきたように思う。メーカーも次々とサイズや紙質、綴じ方にこだわりのあるノートを発売してきた。それでも筆者は「俺の欲しいノートが市販されてない」というクチなのだけど、特に困ってはいない。だって、自分の欲しいノートを自分で作っちゃっているからだ。