防災グッズ 関連記事

季節を問わず、おいしく安全な水が飲めるウォーターサーバー。現在、扱っている企業は多く、その水質やサービスの内容にもさまざまあり、どのように選べばよいのかわからない、という人は少なくないでしょう。そこで、日本におけるウォーターサーバーの実情を知る一般社団法人日本宅配水&サーバー協会の芹澤卓道さんに、ウォーターサーバーに関する基本知識や最新事情について聞きました。

震災などで被災した際、命の安全が確認できた後は、水が必要だ。被災生活の場合、1日に大人1人3リットルの水を備蓄しておくことが望ましいという。そして非常用持ち出し袋には食料やローソク、衛生用品、それから何を入れたらいいだろう。

東日本大震災から6年が経過し、熊本地震からまもなく1年が経過しようとしています。これまでいくつもの大規模災害から教訓を得ているとはいえ、日に日に防災に対する関心は低下してしまうもの。いざ遭遇したとき適切に動けるかと言われ…