A.ランゲ&ゾーネ 関連記事

ドイツ・グラスヒュッテを拠点に世界最高品質のタイムピースを手がけるA.ランゲ&ゾーネは、2008年に銀座にブティックをオープンしました。それから10周年を迎えるにあたり、特別仕様のランゲ1・デイマティックが発表されました。限定数は20本で、販売はA.ランゲ&ゾーネ銀座のみ。594万5400円(税込)となります。

ドイツ・ザクセンの時計作りをいまに伝える高級ウオッチメゾンのA.ランゲ&ゾーネは、2018年の国際時計展(SIHH)でバリエーション豊かな新作を発表しました。中でも会場を沸かせたのは、2004年の「ダブルスプリット」に続く革新モデル「トリプルスプリット」でした。そのほかのモデルと合わせて、会場で発表された新作を取り上げます。

2018年1月にスイス・ジュネーブで開催されるSIHH(通称ジュネーブサロン)での発表を前に、同イベントに出展する各社が新作を先行発表しています。今回紹介するのは、ドイツ・グラスヒュッテ随一のハイブランドA.ランゲ&ゾーネの新作。前回のSIHH会期中に、復興の祖ウォルター・ランゲ氏が逝去するというニュースがありましたが、新作は同氏への敬意を表したモデルとなっています。