話題
2017/10/4 17:00

世界中の可愛い“学校の制服”をかき集めた番組「世界制服」に絶賛の声!

9月11日に放送されたNHKの番組「世界制服」(NHK・Eテレ)。日本や世界の様々な国の「学校の制服」を紹介する同番組だが、TwitterをはじめとしたSNSで話題になった。

画像出典:NHK・Eテレ「世界制服」 公式サイトより。
画像出典:NHK・Eテレ「世界制服」 公式サイトより

 

日本の可愛い“学校の制服”を紹介!

乃木坂46の西野七瀬がMCを努める「世界制服」は、街で見かけるおなじみの“制服”に隠された奥深い世界を探っていくというファッション教養エンターテインメント番組。第2回となる同放送では「学校の制服」を特集している。

 

まず紹介されたのは、神奈川県鎌倉市にある「清泉女学院高等学校」の“盛夏服”。同校では、夏服・冬服だけではもの足りないと、夏の最も暑い時期にのみ着用する“盛夏服”を考案しており、前にボタンのついた青地で細かいギンガムチェック柄、ワンピース型のなんとも爽やかな制服が紹介された。

 

つづいて登場した「熊本学園大学付属高等学校」の制服は、鮮やかなスカイブルーに大きな白襟、さらに白いリボンタイが特徴のワンピース型となっている。45年前に生徒によってデザインされた同校の制服は、YouTubeに投稿された何気ない放課後の様子が「可愛い」と話題になり、再生回数170万回という偉業を成し遂げたほど。視聴者からも「2次元感があって最高に可愛い」「ベーシックなセーラー服らしさもありつつ、独自性も兼ね備えている」といった声が上がっている。

 

その後も、番組にはVR入学式で話題になった通信制高校「N校」などが登場。海外のデザイナーも注目しているという日本の制服の数々に、視聴者からは「制服は芸術。それに気がついて番組までつくったNHKさんは天才です」と大興奮の様子だ。

 

世界最古の“学校の制服”はまるで「ハリポタ」!?

さらに番組では、日本だけでなく海外の制服も多数紹介。世界最古の学校制服と言われているイギリス・ロンドンの名門校「クライスツ・ホスピタル」の制服は、軍服のようなシルエットのコートに黄色い靴下が特徴的。500年前にデザインされ、それ以降はほとんどデザインが変更されていないのだとか。貧しい家の子どもが服装で差別されないように、町の人々の寄付で作られたというこの制服には、視聴者から「男子の丈の長いコートがめちゃくちゃかっこいい」「ハリポタ感がすごい」「紺色と黄色の組み合わせがハイセンスすぎるだろ」との声が。

 

「クライスツ・ホスピタル」の制服は子どもたちの差別をなくすためのものだったが、オーストラリアにはリーダーを一目で判断するために制服を他の生徒と変えているという学校もあるようだ。制服自体は日本でもよく見る紺色のブレザーなのだが、学校のリーダーに選出された生徒の襟や裾の部分はストライプ柄になり、着用するネクタイも別物。胸ポケットに刺繍を入れることもできる。これには「制服って役割を示す衣装でもあるんだなって改めて思う」「面白い制度だよな。日本でも広がったらいいのに」といった声が上がっていた。

 

可愛い制服を紹介するだけでなく、制服の流行や成り立ちまでを紹介し絶賛の声を集めた同番組。これから先の放送では、どのような“制服”にスポットをあててくれるのか楽しみだ。

TAG
SHARE ON