話題
2017/9/25 6:00

商品の「過剰な注意書き」特集が話題に! 「先回りの先回り」をするアイテムも

9月17日放送のバラエティ番組「フルタチさん」(フジテレビ系)で、商品の過剰すぎる注意書きを特集して話題になっていた。企業はクレーム対策のために工夫を凝らした注意書きを考えているようだ。

※画像はイメージです。
※画像はイメージです

 

過剰すぎる注意書き、お面の正式な遊び方が衝撃

まずは、中にグミが入っているソフトキャンディ「ぷっちょ」。この商品には「グミの入り方には、ばらつきがあります」と注意書きが書かれている。そして、出てくるラムネの色で運勢を占う「うらないトイレくん」(11月発売予定の)には「占いは将来に起こる出来事を保障するものではありません」との記載が。

 

上記2商品はクレーム対策のための注意書きのようだが、一方で「ルームブーム」というブーメランには「ラングスジャパンのブーメランは必ず戻ります」と、むしろ自分で自分の首を絞めるような強気な注意書きがある。

 

だが、これもクレーム対策のひとつで、投げ方が悪くてブーメランが戻って来ないのに「商品が悪い!」とクレームが来るのを防ぐため。注意書きには「必ず戻ります」に続けて、「裏面に書いてあるように投げてください。それでも戻らない時はメールかお電話下さい。必ずキャッチできるまでアドバイスさせて頂きます」と書かれており、VTRを見ていた伊集院光は「先回りの先回り」と感心。

 

また、「お面」には「お面をかぶると視野・視界が狭くなります。思わぬ事故を防ぐ為、頭かおでこにつけて遊ぶようにお子様にご説明ください」と記載されている。メーカーは安全面を考慮して、お面を顔にかぶって遊ぶことを実は推奨しておらず、万が一顔につけてしまった時ように穴をあけて最低限の視野を確保しているとのこと。

 

これには「マジかよ、お面の遊び方今までずっと誤解してたわ」「顔につけてほしくないなら穴をあけない方が良いんじゃない?」「穴開けてるから顔にかぶるんだろwww」「クレーマーに合わせるのは大変だな……」といった声が。

 

訴訟大国アメリカ、本場の注意書き

訴訟大国と言われるアメリカでは、「マクドナルドのコーヒーが熱すぎて火傷をした」と訴訟を起こした女性が巨額の和解金を獲得したという事例もあり、日本よりも注意書きが強烈。

 

2014年の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、トイレ用ブラシに「人間の身体を洗うために使わないでください」、洗濯機に「人を入れないでください」、電動ドリルに「虫歯には使わないでください」といったことが書かれているアメリカの商品を紹介していた。

 

日本もゆくゆくはこのレベルにまで到達するかもしれない。