話題
2017/9/30 6:00

ヨーロッパ限定のあのポケモンが鳥取砂丘に出現! 11月末開催のイベントは「ラプラス10万人」を超える規模は確実か!?

鳥取県の鳥取砂丘でアプリゲーム「ポケモンGO」の大規模イベントの実施が計画されていると報じられ、大きな話題を呼んだいたのが記憶に新しいところ、そして、本日9月29日についにその詳細が発表された。当日は鳥取砂丘がポケモントレーナーで溢れてしまうかもしれない。

出典画像:「ポケモンGO」公式サイトより。
出典画像:「ポケモンGO」公式サイトより

 

海外限定ポケモンが日本に出現?

「共同通信」などの報道によると、同イベントでは日本でほぼ現れないというポケモンの登場が検討されているとのこと。「ポケモンGO」には世界のそれぞれに地域限定のポケモンが存在し、ヨーロッパ限定で「バリヤード」、北米限定で「ケンタロス」、オーストラリア限定で「ガルーラ」、沖縄や台湾、コロンビアなどの熱帯エリア限定で「サニーゴ」、中南米限定で「ヘラクロス」、そしてアジア限定で「カモネギ」が出現するという。

 

そのため、いくら日本で時間をかけてやり込んでも図鑑を完成させられないと嘆く声も多い。SNS上では「海外ポケ以外は全部集めたけど、ここからコンプ達成できる日はくるのかしら」「海外限定がいる限り一生コンプできないわ」といった反響が起こっていた。

 

また、海外旅行の際に「ポケモンGO」に夢中になってしまった人もいるようで、「今回のオーストラリア旅行で1番盛り上がったことはガルーラの出現」「フランスでバリヤード乱獲に成功。さすがパントマイムの本場」「旅行の一番のお土産はドイツで捕まえたヨーロッパ限定のバリヤードです」「ブラジル旅行に行った親にスマホ渡してヘラクロス捕まえてきてもらった。超嬉しい」「フロリダ滞在4日間で、ヘラクロス6匹、サニーゴ2匹ゲット。限定2匹出るフロリダの効率の良さよ」といった声が。逆に日本旅行に来たと思われる外国人がTwitterで「Japan Only Pokemon KAMONEGI!」と、カモネギを捕獲したよろこびをツイートしていたりもする。

 

こういったこともあって、地域限定ポケモンの価値は絶大。海外限定のポケモンの出現が示唆されている今回のイベントには「3日間鳥取砂丘で過ごさないと!」「海外旅行に行くより格安。資金貯めて行こう」「ケンタロスとガルーラあたりは砂丘が似合いそう! 絶対出るよね?」と燃える人が続出。なかには、「鳥取とか実質海外じゃん」「海外より行きづらいんですけど」と安定の地方弄りをする人も。

 

ラプラスでも10万人! バリヤードだとどうなる!?

いままでも「ポケモンGO」関連のイベントはとてつもない効果を生み出してきた。東北や熊本で災害復興イベントとして、レアポケモンの「ラプラス」「カビゴン」の出現率をあげると、石巻市ではラプラス目当てなのか観光客が約10万人訪れて、約20億円の経済効果があったそう。

 

そして9月29日、鳥取県公式HPの特設サイト「とっとりGO」にて、ついにその詳細が発表された。イベント開催日は2017年11月24日(金)〜26日(日)までの3日間。イベント期間中は、鳥取砂丘に「バリヤード」と「アンノーン」が出現するようになるとのこと。ただし、特別なレイドイベントは行われない模様だ。

画像出典:鳥取県公式HP「とっとりGO」より
画像出典:鳥取県公式HP「とっとりGO」より

 

前述の石巻市のイベントは、レアポケモンとはいえ日本でも頑張ればゲットできるポケモンの出現だけでこの盛況。今回の鳥取砂丘のイベントはヨーロッパ限定ポケモンの「バリヤード」ということだが、その規模は何倍になってしまうのだろうか。ともあれ、滅多にない海外限定ポケモンをゲットするチャンス! 11月末は鳥取県に旅立ってみるのもいいかもしれない。