話題
2017/9/29 11:00

マックに続いて吉野家も「夜限定」に参戦! 「夜×大ボリューム」がファストフードの定番に?

牛丼チェーン・吉野家が9月23日から「夜限定メニュー」を販売開始。吉野家初の試みに、SNSをはじめとしたネット上では、大きな歓声が上がっている。

出典画像:吉野家公式サイトより(おろし牛カルビ定食)

 

吉野家が提案するガッツリ晩ごはん

吉野家で「晩ごはん」として提供されているのが、「おろし牛カルビ定食」と「牛牛(ぎゅうぎゅう)定食」の2品。販売時間は15時~24時と、少し早めからの提供だが“夕食限定”メニューという位置付けで、両メニュー共にご飯の大盛が無料となっている。

 

価格はどちらも680円で、おろし牛カルビ定食が969Kcal。牛牛定食は定番の「牛皿」と人気の「牛カルビ」が一度に楽しめるという欲張り定食で、1134Kcalというボリューム感。夕食にふさわしいガッツリっぷりだ。

出典画像:吉野家公式サイトより(牛牛定食)
出典画像:吉野家公式サイトより(牛牛定食)

 

販売が始まると、「おろし牛カルビウマすぎるんですけど!」「牛牛定食ストロングすぎる。お得でうまい」「牛カルビと牛皿ダブル盛りって、食べるしかない!」と大反響。テイクアウトできないのと一部店舗では販売されていないのが残念だが、かなり大きな話題を集めている。

 

牛丼だけじゃない「夜×ボリューム」の限定メニュー

牛丼御三家こと「松屋」「すき家」「吉野家」すべてで「朝食メニュー」は扱われているが、現在のところ夜限定のメニューを提供しているのは吉野家のみ。しかし、これから夜メニューの波がやって来るかもしれない。

 

実はマクドナルドも「夜マック」と銘打って、今年6月から夜限定のキャンペーンを実施。毎日17時以降は、100円プラスするだけでパティが2倍になるというサービスで「圧倒的だ。これがジャンクフードの夜メニューだよ!」と大好評。しかし、愛知、三重、岐阜の3県のみのサービスだったため、他の地域からは悲鳴が続出した。

 

さらに、9月27日からは夜マック第2弾としてポテトとナゲットが両方楽しめるメニュー「ポテナゲ」を発売。これも東海3県限定メニューで「愛知生まれでよかったと思える瞬間だ」「東海限定って… 俺のワクワクを返してくれ!」と様々な声が上がっている。

 

今年7月から8月にかけては、サンドイッチチェーンの「サブウェイ」でも17時以降限定のサービスが行われていた。全サンドイッチが対象で、プラス300円するだけで2倍のサイズ(フットロング)に大きさを変更できるという太っ腹なキャンペーンは「これは定番化してほしい!」と話題に。「夜×ボリューム」というサービスは、今後も増えていくかもしれない。