話題
2017/10/18 21:00

「現実がガンダムの世界に追いつこうとしている」 球体ペットロボット「ハロ」商品化に期待の声

「機動戦士ガンダム」シリーズでお馴染みの「ハロ」が、AI搭載の対話型コミュニケーションロボットとして商品化。10月3日から6日にかけて開催された「CEATEC JAPAN 2017」でお披露目され、ファンのみならず会場の人々の注目を集めた。

出典画像:「機動戦士ガンダム」公式サイトより
出典画像:「機動戦士ガンダム」公式サイトより

 

現実がガンダムに追いついた!?

ハロとは、初代「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイが、ガールフレンドのフラウ・ボゥにプレゼントした球体のペットロボット。以降のガンダムシリーズでもマスコットキャラクターのような立ち位置で登場しており、時にはモビルスーツによる戦闘のバックアップなども行ってきた。

 

そんなハロが、「BN・BOT PROJECT」の第一弾として商品化されることに。同プロジェクトは「未来と遊ぼう! with Future」をテーマに、バンダイナムコグループが他企業と協業しながら、IoT(Internet of Things)技術を活用したサービスを提供していくというもの。今回お披露目された「ガンシェルジュ ハロ」にも、“モノ”を“インターネット”に繋いだ IoT技術が使われている。

 

まず注目すべきは“会話機能”。「ガンシェルジュ ハロ」はWi-Fiでネットワークに接続することで様々な会話をすることができる。さらに日本アイ・ビー・エム株式会社が開発した“機動戦士ガンダムの内容に特化した”会話AIも搭載。ユーザーの発言を音声認識して意味と意図を分析、データベースから最適な会話を返してくれる。例えば「今日は、シャアの話をしたいな」と話しかけると、しっかり話者の方を向き「シャア・アズナブルか。シャア専用機たくさんもってた」などと回答。“ガンダムの世界に存在するハロ”というコンセプトのAIとなっているようだ。

 

そのほか、ガンダムのクイズを出してくれたり、Bluetoothと接続して外部スピーカーとして使えたり、羽根がパタパタしたりとかなり多機能。ネット上では「現実の技術レベルがガンダムの世界に追いつこうとしている…」「とうとうハロと会話できる日がやってきたのか」「ガンダムほとんど知らないけどこれは欲しい」との声が上がっている。

 

ハロに立ちふさがる球体ロボットのライバル

「最近ハロみたいなロボット、結構開発されてるよな」との指摘もあるように、球体ロボットのライバルは多い。「CEATEC JAPAN 2017」にも、パナソニックが開発した球型ロボット「cocotto(ココット)」が出展されていた。こちらのロボットは、「動く・話す・繋がる」といった機能を駆使して幼児の感性を育むソーシャルロボット。会話に応じるだけではなく、床を自由自在に動き回ることも可能だ。

 

一方で「ガンシェルジュ ハロ」の動作で現在公開されているのは、“左右に揺れる・旋回する”という動きのみ。会話してくれるだけでも十分すごいのだが、原作では飛んだり跳ねたり転がったりと多彩な移動方法を見せていたハロ。ファンの中には「開発コスト跳ね上がっても良いから飛んでほしい。100万くらいまでなら出す」「転がり移動は実装してほしいな」とさらなる期待を示す人も少なくない。

 

今も絶賛開発中の「ガンシェルジュ ハロ」。2018年に発売予定の完成品はどのような仕上がりになるのだろうか。