話題
2017/10/24 6:00

「“金で買える”ということがそもそも破格」“2色ボールペン”を3000円で購入するラブライバーたち

人気アニメ「ラブライブ! サンシャイン!!」(TOKYO MX系)の第2期が10月7日より放送を開始。それに伴い、“メモリアルアイテム”というグッズが販売されてるのだが、その価格設定が「ラブライブグッズ… ヤバすぎるだろ」と物議を醸している。

出典画像:「BANDAI VISUAL CLUB」公式サイトより
出典画像:「BANDAI VISUAL CLUB」公式サイトより

 

2色ボールペンが3000円!?

10月7日に受注が開始されたメモリアルアイテム第1弾は、「ラブライブ! 東海大会記念2色ボールペン&解説書収納ホルダー」。内容はメモリアルアイテムの「解説書」と、これを収納できる「専用ホルダー」、「ブロマイド」2枚、そして「2色ボールペン」の4点セットとなっている。

 

なかなか盛りだくさんな内容となっているが、「3000円(税抜き・以下同)」という値段設定が大きな話題に。特に「ラブライブ! サンシャイン!!」をあまり良く知らない人には、「2色ボールペンを3000円で買う」という商品だと思われている様子。ネット上では「これ買う人っているのか?」「ボールペン3000円はヤバすぎwww」「ラブライバーの信仰心が試されてるな…」との声が上がった。

 

しかし、この“2色ボールペン”はただのボールペンではなく、訓練された“ラブライバー”からは「正直安すぎる」との声も。そもそも「ラブライブ!」とは作品内で登場するスクールアイドルたちの大会のことで、第1期最終話はAqoursのメンバーが同大会の東海地区予選に出場したところで終了。そして第2期の1話では、彼女たちが予選に落ちてしまったことが明かされた。

 

そんな彼女たちに“参加賞”として贈られたのが“2色ボールペン”。Aqoursが第1期で積み重ねた努力や、彼女たちの現状の“立ち位置”を象徴するようなアイテムで、ファンからは「“金で買える”ということがそもそも破格」「当然買う! 当たり前だよなあ!」「ボールペン意外にもホルダーとかついてるしむしろ良心価格」との声が相次いでいる。ちなみに、決勝大会に出場すると参加賞が“3色ボールペン”にグレードアップするので、「Aqoursが予選を勝ち抜いたらぜひ商品化してほしい」との声もちらほら。

 

“6ピース”のラバーパズルも3000円!

10月14日受注開始のメモリアルアイテム第2弾「バラバラだった想いをひとつに! ラバーパズル(3000円)」にも、当然ラブライバーは購入意欲を示しているようだ。

 

こちらは「ラバーパズル」「解説書」「ブロマイド」の3点セット。「ラバーパズル」はすべて組み合わせると、松浦果南、黒澤ダイヤ、津島善子、国木田花丸、小原鞠莉、黒澤ルビィの6人が描かれた一枚のイラストが完成。こちらは第2期の2話で喧嘩をしてしまった1・3年生組が1つになるというコンセプトのパズルで、ファンからは「このイラストが3000円で買えるとか最高かよ!」「余裕でポチった」との声が。

出典画像:「BANDAI VISUAL CLUB」公式サイトより
出典画像:「BANDAI VISUAL CLUB」公式サイトより

 

しかし、例によって外野の人々からは様々なツッコミが続出。なかでも、3000円で販売されている同パズルが“6ピース”だという事実には「これ秒で完成するじゃん! パズルにする意味あるのか?」「幼稚園児用のパズルの方が難易度高いレベル」「6ピースパズルとか聞いたことない」と衝撃を受ける人が相次いだ。

 

“外部”と“内部”の間でかなり評価がわかれているラブライブグッズ。モノの“価値”は人それぞれということなのだろう。