話題
2017/10/26 6:00

カップヌードル公式Twitterがまたやらかした! 上司の無茶ぶりに応えるその内容とは?

「アルプスの少女ハイジ」や「魔女の宅急便」の高校生バージョンを描いたCMが話題を呼んでいる日清のカップヌードル。しかし、攻めているのはCMだけでなく、公式Twitterアカウントもカオスっぷりを発揮し、「何の広告なのかわからん…」と大反響を呼んでいる。

出典画像:カップヌードル公式Twitterより
出典画像:カップヌードル公式Twitterより

 

無茶ぶり上司に対応するカップヌードル

カップヌードルの隠れた人気シリーズ「ミルクシーフードヌードル」が10周年を迎えるということで、公式アカウントは今月17日に宣伝の画像を投稿。初めは女性がミルクシーフードヌードルを手に持つ、いたって普通の画像だった。

 

しかし、そのわずか15分後には「上司から『チーズ感が足りない』と厳しいダメ出しが入りましたのでしばらくお待ちください…」という言葉とともに、赤字の入った画像をアップ。「もっと笑顔に!」など普通の注文もあるが、「黒髪だとイカスミ感があるのでチーズ感のある髪型に」という指示や、「背景のビル 牧場感出して下さい」「人間以外にもミルクシーフードが愛されてる感じにしてもらえますか?」という謎の言葉も。

 

ちなみに「イカスミ」のカップヌードルは今年夏に限定発売され、「マジで黒い」「黒すぎる」と話題になっていた。

 

この指示を受け、修正された画像の女性は髪が金髪に。「もっと笑顔に」という比較的まともな注文には、お札に折り目をつけて肖像画を笑顔にしたときのようないやらしい顔で応えている。さらに、背景にはパンダや豚、馬などが解き放たれ、かなり意味不明な状況に。

 

しかし、上司はそれでも満足できなかったようで、「右手あいてますよね? 右手にモバイルPCを持たせて下さい」「ミルクシーフードの存在に嫉妬する地球外生命体の存在を」と無茶な注文。さらに、せっかく用意した動物たちにも「商品との関連が薄いので眠らせておいて下さい」「馬のように走る牛にして下さい」と文句をつけまくる。

 

そして「やっと上司からOK出ました」という言葉とともに投稿されたのは、牛が二本足で疾走し、シーフードヌードルを持つ手からはチーズがあふれ出し、UFOが牛をさらっているカオスな一枚。

 

これには、「これ買わないよね…」「原型ないじゃん」「カオスの極みですね」と大量のリプライが。宣伝画像の変遷をまとめたツイートは、17万リツイート、29万イイねを超える大反響となっている。

 

攻めまくりのカップヌードル公式Twitter

「こんなカオスな宣伝しなくてもカップヌードルは勝手に売れるだろうに…」という声もあるが、カップヌードルのTwitterは元々かなりイケイケ。Twitterでは、「天空の城ラピュタ」が放送されるたびに「バルス」と呟く、通称“バルス祭り”が開催されるが、9月29日の放送では「ウマス!」という一言とともにパズーとシータ風の男女がカップヌードルを持つ画像を投稿。ムスカの「目が、目が~!」という名台詞に絡めて「麺がぁぁぁぁぁ!! 麺がぁぁぁぁぁ!!!」というセリフと、麺を目に当てるムスカ風の男性の画像も投稿されている。

 

この放送では、先ほどの2枚も含めてネタツイートを8件も投稿したカップヌードルTwitter。なかには、「見ろ! ゴミが具のようだ!」というかなり自虐的な画像も投稿され、「自分が売ってる商品をゴミと言うとは…」「食べる気なくなるわ! 笑」と大いに注目を集めた。

 

ちなみに、今回の「上司の無茶な注文」にデザイナーたちからは「あるあるだわ…」「これってあるあるネタだと思ったけど普通の人はそう思わないのね…」という声も。今後もカップヌードルのTwitterから目が離せない。