話題
2017/11/10 18:00

「残念なイケメン枠」でブレイク間近!? 「ファブリーズの息子」こと高杉真宙の注目度が上昇中!

日々新しいスターが生まれて大活躍を繰り広げているが、次は一体誰がメディアを騒がすことになるのだろうか。本稿では、次にキそうなブレイク間近の有名人を紹介!今回は、若手俳優の高杉真宙を紹介しよう。

出典画像:高杉真宙 オフィシャルサイトより
出典画像:高杉真宙 オフィシャルサイトより

 

ファブリーズのCMでお馴染みのイケメン俳優

【プロフィール】

名前:高杉真宙(タカスギマヒロ)

生年月日:1996年7月4日

出身地:福岡県

血液型:A型

身長:170cm

特技:空手、バイオリン

 

2009年に「エブリ リトル シング’09」という舞台で役者デビューした高杉。2013年には、若手俳優の登龍門と言われる“平成ライダーシリーズ”の「仮面ライダー鎧武」に出演しており、佐野 岳といった俳優陣と共演を果たしている。

 

しかし、そんな高杉が一般に「イケメン俳優」として認知されるきっかけになったのは、おそらくファブリーズのCM。彼は2012年から2017年まで、松岡修造が父親役だったファブリーズのCMシリーズに息子役として出演してきた。そのため、ファンの中には「ファブリーズの時から目をつけてました!」「“ファブリーズのCMの人”って印象が強い」といった人も少なくない。

 

残念ながら同シリーズは今年で終わってしまったが、高杉は現在も様々なCMに出演中。NTTドコモの25周年記念CM「25年前の夏」篇や、スマートフォン用アプリ「剣と魔法のログレス いにしえの女神」のCM、FANCLのサプリメント「えんきん」のCM「電車」篇などで、いつでもその姿を見ることができる。

 

また、最近はTVドラマの仕事も好調。今年10月より放送されている深夜ドラマ「セトウツミ」では主演に抜擢され、その知的なビジュアルや素朴な演技に「『セトウツミ』の高杉真宙って何もの? リアリティーある演技がたまらないんだけど」「21歳なのに“リアルな高校生”を演じてるのがすごい」と絶賛の声が上がった。

 

さらに彼には、“ギャップ”という大きな武器が。イケメン俳優として知名度を上げている高杉だが、実は自他共に認めるオタク。公式ブログなどには自身の“痛部屋”を堂々と公開しており、美少女ゲームのパッケージや抱き枕など、ガチなグッズが所狭しと並んでいる。ファンにとってはそんなギャップもたまらないようで、「残念なイケメン」という枠でもブレイクしそうな高杉。今後もさらなる飛躍が期待できそうだ。