話題
2017/12/6 21:00

「デブ活がはかどる」 年末恒例の「かつや」“青ねぎ×味噌カツ”メニュー販売開始に歓喜の声

12月11日に、「かつや」が「青ねぎ味噌カツ丼」と「青ねぎ味噌カツ鍋定食」の販売を開始。カツ丼ファンからは歓喜の声が上がっている。

出典画像:「かつや」公式サイトより
出典画像:「かつや」公式サイトより

 

年末恒例の“青ねぎ×味噌カツ”がやってきた!

「青ねぎ味噌カツ丼」と「青ねぎ味噌カツ鍋定食」は、毎年12月の初旬あたりに販売される期間限定メニュー。たっぷりの青ねぎとこくのある味噌がのっており、ふんわりまろやかな玉子が自慢の味噌カツに華を添えている。

 

値段は「青ねぎ味噌カツ丼」が590円(税抜)で、「青ねぎ味噌カツ鍋定食」が690円(税抜)。そのコスパの良さも相まって、以前販売された際には「甘みのある味噌だれがめっちゃご飯に合う」「青ねぎ好きな自分にとっては最高の食べ物! こういうのを待ってた!」「口臭がどうのとか全く意に介さない攻めのスタイルが好き」「コスパ最高! かなりの満足感がある」「意外としつこくない味付けであっさり食べられた」とねぎ好きを中心に好評を博した。

 

そのため、毎年同メニューの発売を心待ちにしている人も多い様子。今回の販売開始に際しても、ファンは「今年もこの時期がやってきたか… 出来ることなら週に100食以上は食べたい」「もはや年末の恒例行事」「よっしゃ! 青ねぎ味噌カツきてるじゃん!」と大喜びしている。

 

限定メニューで攻め続ける「かつや」

「青ねぎ味噌カツ丼」と「青ねぎ味噌カツ鍋定食」以外にも、「かつや」は様々な限定メニューを生み出しており「パンチがきいてる」と定評になっている。例えば今年9月には「増し増しチャーシューエッグチキンカツ丼」をリリースして話題に。これでもかと盛られたチャーシューは完全に丼をはみ出してしまっており、「肉が多すぎて米が足りないレベル」「カロリーを摂るにはうってつけな食べ物。デブ活がはかどる」「これは後世にまで語り継がれる伝説のメニューになるだろう」「中々米が見えてこない… ラーメン二郎かな?」といった声が相次いだ。

 

また“青ねぎ”をふんだんに使ったメニューと言えば、今年5月に「シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼」が登場している。こちらはたくさんの青ねぎと山椒がかかった“痺れる”カツ丼。「見た目も味もインパクトがすごい!」「青ねぎが山盛りで食べ応えある」「このカツ丼たべてからすっかり山椒好きになった」と好評を博している。

 

数々の“攻めのメニュー”が話題になった「かつや」。来年はどのようなカツ丼を開発して、ファンを驚かせてくれるのだろうか…。